インタビュー

ASSECLIに取材!担当者に根掘り葉掘り聞いてきた!

編集長 わさ
編集長 わさ
こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

ASSECLIは不動産投資型クラウドファンディングサービスのひとつです。

今回はASSECLIの担当者、月井さんにインタビューすることができました。

さっそくインタビューの内容を見ていきたいと思います。

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

Q. ASSECLIを運営するプレミアムバリューバンクはどのような事業を展開していますか?


不動産再生や、開発などのマネジメント事業を主軸にやっている会社です。それに加えて、クラウドファンディングなど、さまざまな事業を展開しています。また、

ITを駆使して、さまざまな事業を展開しています。たとえば、ITと不動産を組み合わせて、プラットフォームを作ったりしています。

1つは投資家さん向けに「爆増市場」というプラットフォームを展開しています。

それから、不動産クラウドファンディングのASSECLIもITと不動産クラウドファンディングを組み合わせた形のひとつになっています。今後もポータルサイトなど色々作っていきたいと考えています。

Q. プレミアムバリューバンクをほかの不動産会社と比べた時の強みはなんですか?


中古の一棟レジ※が中心です。中古の一棟レジを再生したりして、ハイパー投資家さんに売却しているという点が一番の強みです。

そして、不動産を全国で創業から1,000棟以上扱っているという点も強みになっています。

今は市況的に都心の物件を扱っていますが、通常は地方の不動産も扱っています。

レジ:居住用の不動産のこと。一般的には居住用のマンションを指すことが多い

Q. ASSECLIのサービスはどのような経緯で始めようと思いましたか?


もともとは不特法※を使った事業を行ってみたいと考えていました。

一般の投資家さんからも、一棟だと1億円~10億円程度の資金が必要なので、なかなか買えないので、小口からの不動産投資をやってみたいという話がありました。

一棟の不動産を小口で購入できることから、ASSECLIのサービスを始めようと考えました。

不特法:投資家などから出資を受けて不動産の取引を行い、取引終了後に収益を分配するという事業の仕組みを定めた法律

Q. ASSECLIの特徴と強みは何でしょうか?


一棟マンションに強いので、一棟マンションの案件を中心に展開していきたいと考えています。

ただ、物件の種類を特定するのではなく、投資家の方に最適だと思った物件を、地方の案件も含めて提供していけたらと考えています。

地方の物件もゆくゆくは展開していきたいと考えていますが、まずは都心の案件を中心に展開していきたいと考えています。

Q. ASSECLIでこれから改善していきたいと考えている点はありますか?


まだ案件数が少ないので、まだまだ他社さんには及ばないと感じています。

新型コロナウイルスの影響で市場が乱高下すると考え、新規の案件を募集していなかったという事情もありますが、これからは案件数を増やしていきたいと考えています。

Q. サービスを開始して半年以上経過しましたが、投資家からの反響はいかがでしょうか?


物件を買って頂いたお客様などから、ASSECLIで案件を募集してほしいという問い合わせを多く頂いています。

ですので、ASSECLIでの募集を待っていただいている方もいると考えています。

Q. ASSECLIではどのような基準で不動産投資型クラウドファンディングを組成する物件を選んでいますか?


一番は投資家さんに損をさせてはいけないと考えているので、流動性や物件の状態を確認しています。

入居者が退去してもすぐに次の入居者が入る物件なのかなどを判断して、選んでいます。

プレミアムバリューバンクで再生や開発などを行っている案件だけではなく、一般に流通している中古の案件を買ってそのまま流通させたり、中古の案件を再生してバリューアップできそうなものを物件として選択しています。

Q. リスクを低減するためにどのような取り組みを行っていますか?


どのサービスも同じだと思いますが、一番に行っているのは優先劣後方式です。

立地や物件から得られる収益などによって、優先劣後の比率を調整しています。

リスクが高い案件ほど、劣後で出す比率を高くしています。また、家賃収入も大事にしています。

もちろん安く買って高く売れるというのも重要だと考えていますが、家賃収入からもきちんと配当できるような物件を選択しています。

Q. 1号案件では利回りが8%だったが、どうしてこのような高利回りにできるのでしょうか?


1号案件だった、という事情もございますが、家賃収入と売却益で無事に配当できるという自信があったからです。ボーナス的な案件でした。

最近は他社さんでも高利回りの案件がありますので、そこまで極端に高いわけではないと考えています。

Q. ASSECLIは今後どの程度の頻度で案件を組成したいと考えていますか?


目標としては月1件程度は出していきたいところです。

ただ、無理やり案件化するのではなく、本当に良いものがあったら出していく、という形で行きたいと考えています。

現在は満期に一括で配当が支払われるシステムになっていますが、システムも変更し、1年の案件だと3ヶ月ごと配当など、より不安なく投資できるようにしました。

システムの開発が終わったので、大型の物件や長期の物件などを募集する時に利用していきたいと考えています。

Q. ASSECLIの今後の展望を教えてください


今後は安定的に案件を提供していきたいと考えています。そして、まだ先の話だと考えていますが、アセットタイプ問わず、地方の物件を再生する案件なども提供していきたいと考えています。

また、社会貢献できるような案件や投資家さんが共感できるような案件を提供していきたいと考えています。

Q. いわゆるクリック合戦への対策は考えていますか?


あまり抽選などの形は考えていません。キャンセルされる方も中にはいると考えていますので、キャンセル待ちができる機能をつけていきたいと考えています。

それから、大型案件や同時に数件募集できるようにすれば、投資して頂ける方のチャンスは増えるのではないかと考えています。

Q. 最後に、投資家へのメッセージをお願いします


安心安全を第一に皆様が投資できる商品を提供していきたいと考えています。

ある程度実績や信用がついてきましたら、地方の再生物件なども出していきたいと考えていますので、皆様よろしくお願いします。

ASSECLIの取材のまとめ

ASSECLIはまだ案件数が少ないですが、これから注目のサービスですね!

個人的にも今後投資してみたいです。

ASSECLIで口座開設する

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る