ソーシャルレンディング事業者解析

【FPが解説】A fundingの解析|評判・特徴・詳細データなど

a fundingの解析アイキャッチ
編集長 わさ
編集長 わさ
こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

A fundingは不動産関係の上場企業が運営しているサービスですが、以下のように感じている方が多いのではないでしょうか。

「A fundingってどんな事業者なの?」
「A fundingって信頼できる事業者なの?」

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • A fundingとは?
  • A fundingの悪い評判
  • A fundingの良い評判
  • A fundingの口コミ
  • A fundingは投資に値するか?
  • A fundingの口座開設方法

ぜひご一読ください。

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

※本記事に記載されている情報は、特に断りがない限り、2020年6月現在のものです。

A fundingとは?

A fundingは不動産クラウドファンディングと呼ばれるサービスのひとつです。

不動産クラウドファンディングとは、個人が少ない資金で不動産投資に参加できるサービスです。

具体的には、以下の図のように、複数人の投資家から集めたお金をA fundingがまとめて不動産を運用します。そして、得られた利益と元本が投資家に分配されます。

投資家は不動産クラウドファンディング事業者のホームページから投資したい案件を選び、投資します。投資が終わったら、お金が戻ってくるまで何もする必要はありません。

A fundingはそんな不動産クラウドファンディングサービスのひとつです。以下のような特徴があります。

  • 信頼性
    ・上場企業の不動産のプロが運営
    ・A fundingが一定の損失を負担してくれるため安全性が高い
  • 投資しやすさ
    ・1万円から投資できる
  • 利回り
    ・6%で高め

↑目次に戻る

A fundingの悪い評判3選


A fundingは優れたサービスですが、悪い評判もあります。

A fundingの悪い評判は以下の3つです。

それぞれ見ていきましょう。

悪い評判①:損失の可能性が0ではない

A fundingに限らず、不動産クラウドファンディングは投資なので、損失の可能性が0ではありません。

具体的には、以下のような場合に損失が出てしまう可能性があります。

  • 運用不動産の価格が一定以上下落した時
  • 運営会社が倒産した時

ただ、A fundingを運営する株式会社AMBITIONは上場企業ですし、順調に業績を伸ばしているのですぐに倒産するとは考えにくいです。

悪い評判②:途中解約できない

A fundingに限らず、不動産クラウドファンディングでは途中解約ができません。たとえば、以下の案件に30万円を投資したとします。

すると、運用期間が終わるまでの6ヶ月間は30万円を引き出すことができないのです。A fundingに投資するのはすぐに使う予定のないお金だけにしましょう。

悪い評判③:実績が少ない

A fundingは2020年1月にサービスが開始されたまだ新しいサービスです。2020年6月現在ではまだひとつの案件しか募集されていませんし、運用期間が終わった案件はまだありません。

そのため、まだ実績が少ないサービスと言えます。これから実績を積み上げていけば、さらに信頼されるサービスになることでしょう。

↑目次に戻る

A fundingの良い評判8選


A fundingの良い評判は以下の8個です。特に重要な評判は太字で表示しています。

それぞれ見ていきましょう。

良い評判①:上場企業の不動産のプロが運営している

A fundingは上場企業の不動産のプロが運営しているので信頼できます。

A fundingを運営しているのは東証マザーズに上場している株式会社AMBITIONです。株式会社AMBITIONの主な事業内容は以下のとおりです。

  • 賃貸管理事業:賃貸物件を管理する事業
  • 賃貸仲介事業:賃貸物件の入居者をオーナーに代わって募集したり審査したりする事業
  • 売買仲介事業:不動産の取引を仲介する事業
  • 民泊事業:民泊を運営する事業
  • 保険事業:保険を販売・運営する事業 など

A fundingは不動産のプロが運営しているのだとわかります。A fundingでは不動産のプロが目利きをして選んできた案件に投資できるので安心できます。

良い評判②:一定の損失をA fundingが負担

A fundingでは、優先劣後方式を採用しており、一定の損失をA fundingが負担してくれます。優先劣後方式とは、以下の図のような方式のことです。

投資家とA fundingを運営する株式会社AMBITIONが同じ案件に投資し、もし運用不動産が値下がりした時には、株式会社AMBITIONが先に損失を負担するのです。

たとえば、A fundingの1号案件では株式会社AMBITIONが30%を出資しています。そのため、運用不動産の価格が30%以上下落しない限り、投資家が損をすることはありません。

そして、不動産の価格は安定しています。以下の図のように、不動産の価格はリーマンショックの時でさえ15%程度の下落で済みました。

不動産の価格が30%以上下落することはめったにないので、A fundingは安全性の高い投資方法と言えます。

ちなみに、A fundingの出資割合は案件により変化する場合があるようです。必ずしも30%の出資があるとは限りません。

良い評判③:利回りが高め

A fundingではまだ1号案件しか募集されていませんが、1号案件の利回りは6%でした。これは不動産クラウドファンディングとしては高めの値です。

ただ、利回りが高いからにはそれに見合ったリスクがあるものです。A fundingの1号案件の案件は都心ではなく地方の中古マンションの一室をリノベーションしたものでした。

地方の不動産は都心の不動産と比べて流動性が低いため、ややリスクが高いです。そのリスクの分、利回りが高めに設定されているのでしょう。

良い評判④:1万円から投資できる

A fundingでは1万円から投資することができます。少額でも投資できるため、投資に回せる資金が少ない人でも気軽に不動産投資が始められます。

良い評判⑤:ほったらかし投資ができる

A fundingでは案件を選んで投資してしまえば、後は運用期間が終わってお金が戻ってくるまで何もする必要がありません。

ほったらかしで投資できるので、時間がない方でも手軽に投資を始めることができます。

株などのように、常に値動きを気にする必要もありません。

良い評判⑥:情報の透明度が高い

A fundingでは情報の透明度も高くなっており、多くの情報が開示されています。具体的には、以下のような情報が開示されています。

  • 物件概要
    • 物件名称
    • 所在地
    • 交通アクセス
  • 土地
    • 地目
    • 面積
    • 権利
  • 建物
    • 構造
    • 床面積
    • 築年月
  • 法令
    • 用途地域
    • 建ぺい率
    • 容積率
  • 写真
    • 全景写真
    • エントランス写真
    • 室内写真
    • 間取り図

本当に多くの情報が開示されているので、投資家が自分で判断して投資を行うことができます。

良い評判⑦:応募した後入金できる

A fundingでは応募した後に入金することができます。

不動産クラウドファンディングは人気が高い投資方法なので、応募しても先着や抽選でもれてしまう場合があります。

そんな時に、応募する前に入金するシステムだと入金手数料が無駄になってしまいます。一方、A fundingでは確実に投資できることがわかってから入金できるため、入金手数料が無駄になることがないのです。

良い評判⑧:途中で譲渡できる

A fundingでは投資後でも案件の配当や元本を受け取る権利を途中譲渡することができます。

ただ、権利の譲渡をするためには事務手数料として10,000円を支払う必要があります。

A fundingで口座開設してみる

↑目次に戻る

A fundingの手数料


A fundingの手数料は、以下のとおり入金手数料以外すべて0円です。口座開設するだけなら、お金はまったくかかりません。

入金手数料投資家負担
出金手数料0円
口座開設手数料0円
口座維持手数料0円
購入手数料0円
運用手数料0円

↑目次に戻る

A fundingは投資に値する?


A fundingは信頼性が高く、利回りも高めなので十分投資に値するでしょう。

ただ、まだサービスが始まってからあまり時間が経っていませんし、案件を募集するペースは遅めです。投資したいと思っても、なかなか投資できない可能性は高いです。

不動産クラウドファンディングはどのサービスも人気が高いので、合わせて口座開設しておくと投資先が短期間で見つかることでしょう。

ちなみに、おすすめの不動産クラウドファンディングサービスは以下のとおりです。

  • FANTAS funding:案件の募集と利回りが高い不動産クラウドファンディングサービス
  • CREAL不動産クラウドファンディングとしてNo.1のサービス

A fundingのQ&A

この項では、A fundingに関するQ&Aを掲載しています。

Q. A fundingで得た利益は確定申告する必要がある?

ほかの副業収入と合わせて、20万円を超えたらおおむね確定申告する必要があります。

確定申告については以下のページで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。ソーシャルレンディングの記事ですが、不動産クラウドファンディングでも税金の種類は払い方は同じです。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングの確定申告|2020年最新版投資には税金がつきものです。 「ソーシャルレンディングで利益を得たけど、確定申告しなくて大丈夫かな?」 「ソーシャルレンディング...

↑目次に戻る

A fundingのキャンペーン

A fundingで2020年6月現在、キャンペーンが開催されたことはありません。

↑目次に戻る

A fundingの最新ニュース


A fundingの最新ニュースは以下のとおりです。

2020年4月15日:新型コロナウイルス感染症に伴う、A fundingへの影響

A fundingは現時点で新型コロナウイルス感染症に伴う影響はないとしています。

2020年1月14日:A fundingのサイトオープン

2020年1月14日にはA fundingのサイトがオープンし、A fundingのサービスが開始されました。

編集長 わさ
編集長 わさ
A fundingのその他のニュースに関してはコチラのページをご覧ください。

↑目次に戻る

A fundingのセミナー情報

A fundingでは、この先開催が予定されているセミナーはありませんし、2020年6月現在過去に開催されたセミナーもありません。

↑目次に戻る

A fundingの始め方3手順

A fundingでは以下の3手順で口座開設ができます。

それぞれ解説します。

手順①:登録フォームに入力し、書類に同意する

まずはコチラのリンクからA fundingの公式ページに飛びます。すると、以下のような場面が出てくるので、赤枠で囲った「投資家登録はこちら」ボタンを押します。

すると、メールアドレスを記入するページに移動します。入力が終わったら「送信」を押しましょう。

確認画面が現れるので「OK」を押しましょう。

入力したメールアドレスにメールが送信されるので、メールを確認しましょう。そして、記載されたリンクをクリックしましょう。

すると会員情報を入力するページに移動します。氏名、性別など基本的な情報を入力しましょう。すべて入力が終わったら「入力内容確認」をクリックしましょう。

確認画面が表示されるので、内容に問題がなければ「登録する」をクリックします。

次は「投資家情報の追加項目の入力」をクリックして、さらに詳細な情報を入力しましょう。

詳細な情報の入力が終わったら、「入力内容確認」を押しましょう。

確認画面が表示されるので、入力内容に問題がなければ「入力を確定する」をクリックします。

次に「次のステップへ」をクリックしましょう。

次は各書面への同意を行います。「各書面を確認する」をクリックします。

まずは「書面の電磁的方法による交付等の確認書ダウンロード」をクリックして書面を確認し、「書面の電磁的方法による交付等の確認書に同意します」をクリックしましょう。

確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。

次は「反社会勢力でないことの確認書ダウンロード」をクリックして書面を確認し、「反社会勢力でないことの確認書に同意します」をクリックしましょう。

確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。

最後に「個人情報の取扱いについての確認書ダウンロード」をクリックして書面を確認し、「個人情報の取扱いについての確認書に同意します」をクリックします。

確認画面が表示されるので「OK」をクリックしましょう。

次に「次のステップへ」をクリックします。

これで手順①は終わりです。次の手順に移りましょう。

手順②:本人確認書類・マイナンバーを提出する

次のステップへ」ボタンを押すと、以下のような画面が現れます。

この画面では本人確認書類を提出します。A fundingで本人確認書類として使えるのは以下のものです。

  • 運転免許証
  • パスポ-ト
    (顔写真掲載ページ、住所掲載ページ)
  • 健康保険証
    (現住所の記載があること)
  • 住民票
    (発行日より6ヶ月以内のもの)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

提出が完了したら「内容確認」をクリックしましょう。

確認画面が表示されるので、問題なければ「提出する」をクリックします。

次は「次のステップへ」をクリックします。

次はマイナンバー書類を提出します。マイナンバー書類として使えるのは以下の書類です。

  • マイナンバー通知カードの写し(表・裏)
  • マイナンバーカードの写し(表・裏)
  • マイナンバー付きの住民票の写し

画像をアップロードしたら「内容確認」をクリックします。

確認画面が表示されるので、問題がなければ「提出する」をクリックしましょう。

次は「投資家審査依頼へ進む」をクリックします。

次の画面では「投資家審査依頼」をクリックしましょう。

確認画面が表示されるので、問題がなければ「OK」をクリックします。

これで手順②は完了です。

手順③:登録した住所にウェルカムレターが届く

口座開設に必要な情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーを提出したら、A fundingで口座開設の審査が行われます。

無事審査が終わったら登録した住所にウェルカムレターが届きます。これで口座開設は完了です。

↑目次に戻る

まとめ:A fundingは信頼性が高く利回りも高い不動産クラウドファンディングサービス

この記事では、マザーズ上場の不動産企業が運営する不動産クラウドファンディングサービス、A fundingについて解説してきました。

A fundingは以下のような特徴を持つソーシャルレンディング事業者です。

  • 信頼性
    ・上場企業の不動産のプロが運営
    ・A fundingが一定の損失を負担してくれるため安全性が高い
  • 投資しやすさ
    ・1万円から投資できる
  • 利回り
    ・6%で高め

口座開設だけなら無料なので、ぜひ一度A fundingの公式ページを覗いてみてください。

A fundingで口座開設してみる

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る