ソーシャルレンディング事業者解析

【FPが解説】ビットリアルティの解析|評判・口コミ・特徴など

ビットリアルティアイキャッチ

こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

この記事を読みに来た方は以下のような疑問を感じているのではないでしょうか。

「ビットリアルティってどんなサービスなの?」
「ビットリアルティは怪しいサービスじゃないの?」

そこで、この記事では実際にソーシャルレンディング投資を行っている私がビットリアルティ(bit realty)について徹底解析します。

この記事を読めば、ビットリアルティについて一通り理解できることをお約束します。ビットリアルティについてすぐわかる概要もあるので、ぜひご一読ください。

それではさっそく、ビットリアルティがどのようなサービスか見ていきましょう!

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

※本記事に記載されている情報は、特に断りがない限り、2020年1月現在のものです。

ビットリアルティとは?

ビットリアルティは不動産クラウドファンディングと呼ばれるサービスのひとつです。

不動産クラウドファンディングとは、個人が少ない資金で不動産投資に参加できるサービスです。

具体的には、以下の図のように、複数人の投資家から集めたお金をビットリアルティがまとめて不動産を運用します。そして、得られた利益と元本が投資家に分配されます。

投資家は不動産クラウドファンディング事業者のホームページから投資したい案件を選び、投資します。投資が終わったら、お金が戻ってくるまで何もする必要はありません。

ビットリアルティは日本最大手のシンクタンクである野村総研と不動産会社として有名なケネディクスが共同で出資して立て上げた不動産クラウドファンディングサービスです。

最低投資額は50~100万円と高めですが、安全性の高い案件を提供しています。

↑目次に戻る

ビットリアルティの特徴【24の採点基準で分析】

事業者偏差値:40.05 (20位)
ランク
2つ星事業者
信頼性
投資しやすさ
利回り

ビットリアルティには以下のような特徴があります。

  • 信頼性
    ・野村総研(東証一部上場)とケネディクス(東証一部上場)の合弁会社が運営
    ・案件は不動産で高い実績を上げるケネディクスのノウハウを活用して選定
  • 投資しやすさ
    ・募集終了まで数日かかるため投資しやすい
    ・最低投資額が50~100万円とかなり高め
  • 利回り
    ・2.5~3.5%(平均2.95%)と低め

ビットリアルティは野村総研(東証一部上場)とケネディクス(東証一部上場)の合弁会社が運営している不動産クラウドファンディング事業者です。

案件は不動産分野で高い実績を上げるケネディクスのノウハウを活用して選定しているため、安全性は高いと言えます。募集金額が大きいため募集終了までに時間がかかり、投資もしやすいです。

ただ、最低投資額が50~100万円と高めなのは難点です。利回りは低めです。

※当サイト、SL投資法典では測定可能な24の採点基準を用いてソーシャルレンディング全38事業者を評価しています。
採点基準はコチラ
全38事業者の比較はコチラ

↑目次に戻る

ビットリアルティの悪い評判5選


ビットリアルティは優れたサービスですが、悪い評判もあります。

ビットリアルティの悪い評判は以下の5つです。

それぞれ見ていきましょう。

悪い評判①:損失の可能性が0ではない

ビットリアルティに限らず、不動産クラウドファンディングでは損失の可能性が0ではありません。具体的には、以下のような場合に投資家が損する可能性があります。

  • ビットリアルティが倒産した時
  • 投資先の不動産の価格が下落した時

ただ、ビットリアルティは東証一部上場の大企業によって運営されているため、すぐに倒産するとは考えにくいです。

悪い評判②:投資中のお金は引き出せない

ビットリアルティに限らず、不動産クラウドファンディングでは投資したお金は運用期間が終わるまで引き出すことはできません

たとえば、以下の案件に50万円を投資したとします。

すると、運用期間の1年間の間は50万円を引き出すことはできないのです。ビットリアルティで運用するお金はすぐに使う予定のないものにしましょう。

悪い評判③:50万円からしか投資できない

ビットリアルティでは最低投資額が50万円になっています。

そのため、不動産クラウドファンディングの中でもトップレベルに投資のハードルは高くなっています。

悪い評判④:実績が少ない

ビットリアルティは2019年に始まったまだ実績の少ないサービスですので、まだ実績が少ないです。

これから実績を積み重ねていけば、さらに信頼されるサービスになることでしょう。

悪い評判⑤:利回りが低め

ビットリアルティの利回りは2.5~3.5%程度です。これは不動産クラウドファンディングとしては低めの水準です。

ビットリアルティでは利回りが低い分、安全性の高い案件が募集されていると考えられます。
↑目次に戻る

ビットリアルティの良い評判5選


ビットリアルティの良い評判は以下の5個です。

それぞれ見ていきましょう。

良い評判①:野村総研とケネディクスが運営

ビットリアルティは野村総研とケネディクスが共同で運営しています。

野村総研は国内最大手のシンクタンクです。シンクタンクとは、各領域の専門家を集めて調査・研究を行い、政策の提言などを行う組織です。

また、ケネディクスは国内最大の不動産ファンド会社です。

野村総研もケネディクスも東証一部に上場している企業です。この2社が運営しているビットリアルティの企業としての安定性は不動産クラウドファンディングサービスの中でもトップレベルです。

良い評判②:国内の不動産に投資できる

ビットリアルティでは安全性の高い国内の不動産に投資できます

投資できる不動産はたとえば都内のホテルなどです。

良い評判③:物件の詳細が開示されている

ビットリアルティでは物件の詳細が開示されています

情報の透明性が高いので、投資家が自分で判断して投資するかどうか決められます。

良い評判④:分別管理口座が信託銀行なので安全

ビットリアルティでは分別管理口座が信託銀行なので安全です。

不動産クラウドファンディングでは「分別管理」というお金の管理方法をしています。分別管理とは、不動産クラウドファンディング事業者自身のお金と投資家が不動産クラウドファンディングで運用しているお金を分けて管理することです。

投資家が不動産クラウドファンディングで運用しているお金が入っている場所のことを分別管理口座と呼びます。

通常、不動産クラウドファンディング事業者の分別管理口座は銀行にあります。一方、ビットリアルティの分別管理口座は信託銀行にあります。

信託銀行は銀行と比べて、以下の点が安全と言えます。

  • 口座内のお金の動きを受益者代理人が常に監視しており、事業者が勝手に引き出せない
  • 事業者が倒産しても投資家のお金は受益者代理人を通じて返還される

ビットリアルティは安全性の高い事業者と言えるでしょう。

良い評判⑤:募集金額が大きいので投資しやすい

ビットリアルティでは数億円程度の募集金額が大きい案件を募集することが多いです。

募集金額が大きいと応募が殺到しても募集が終わるまでに時間がかかり、投資しやすいです。

不動産クラウドファンディングサービスは人気が高くてなかなか応募できないことも多いですが、ビットリアルティでは投資しやすいでしょう。

ビットリアルティで口座開設してみる

↑目次に戻る

ビットリアルティの詳細データ【案件10件を分析】


ビットリアルティの詳細データは以下のとおりです。

ビットリアルティの詳細情報
運営会社ビットリアルティ株式会社
社長菊嶋 勇晴
サービス開始2019年1月
上場情報非上場(親会社が東証一部上場)
決算情報公開(赤字)
監査法人不明
出資企業ケネディクス
野村総研
累計応募総額約15億円
年間案件数(2019年)6
平均利回り2.95%
貸し倒れなし
最低投資額50~100万円
投資単位1~10万円
入金手数料投資家負担
出金手数料投資家負担
口座開設可能年齢非公表
匿名化解除もともと開示
担保カバー率
保証カバー率
案件の種類国内不動産
運用期間6ヶ月未満
6ヶ月~1年
1年以上

※特に表記のない場合、2020年1月現在の情報です

以下の7点について詳しく見ていきましょう。

利回り:2.5~3.5%(平均2.95%)

ビットリアルティの利回りは2.5~3.5%(平均2.95%)です。

運用期間:1~2年が多い

ビットリアルティの運用期間は1~2年程度であることが多いです。

ビットリアルティは運用期間が長い案件を募集する不動産クラウドファンディング事業者と言えます。

貸し倒れ・遅延:なし

ビットリアルティで貸し倒れや遅延が起こったことはありません。

案件がある頻度:7件(2019年)

ビットリアルティは2019年に7件の案件を募集しました。2020年は4月12日現在、3件の案件を募集しています。

案件の種類:不動産

ビットリアルティはホテルなどの不動産に投資できる不動産クラウドファンディング事業者です。

投資先の国・地域:日本

ビットリアルティの投資先は日本です。

手数料:すべて0円

ビットリアルティの手数料は、以下のとおり入金手数料と出金手数料以外すべて0円です。口座開設するだけなら、お金はまったくかかりません。

入金手数料投資家負担
出金手数料投資家負担
口座開設手数料0円
口座維持手数料0円
購入手数料0円
運用手数料0円

↑目次に戻る

ビットリアルティのQ&A


この項では、ビットリアルティに関するQ&Aを掲載しています。

Q. ビットリアルティで得た利益は確定申告する必要がある?

ほかの副業収入と合わせて、20万円を超えたらおおむね確定申告する必要があります。

確定申告については以下のページで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。ソーシャルレンディングの記事ではありますが、不動産クラウドファンディングでも確定申告の方法に変わりはありません。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングの確定申告|2020年最新版投資には税金がつきものです。 「ソーシャルレンディングで利益を得たけど、確定申告しなくて大丈夫かな?」 「ソーシャルレンディング...

↑目次に戻る

ビットリアルティのキャンペーン

ビットリアルティのキャンペーン情報は以下のとおりです。

現在開催中のキャンペーン

2020年4月12日現在、ビットリアルティで開催中のキャンペーンはありません。

過去のキャンペーン

ビットリアルティでは過去にキャンペーンが行われたことがありません。

↑目次に戻る

ビットリアルティの最新ニュース


ビットリアルティの最新ニュースは以下のとおりです。

2020年2月14日:マネーフォワードとの連携開始

ビットリアルティは2020年2月14日に家計簿アプリのマネーフォワード MEとの連携を開始しました。

これにより、マネーフォワード MEからビットリアルティの口座残高や運用中残高が確認できるようになります。

2019年1月15日:会員登録開始

2019年1月15日にビットリアルティは会員登録を開始しました。

ビットリアルティのその他のニュースに関してはコチラのページをご覧ください。

↑目次に戻る

ビットリアルティのセミナー情報

ビットリアルティでは2020年4月現在、これまでセミナーが開催されたことはありません。

↑目次に戻る

ビットリアルティの始め方3ステップ

ビットリアルティは以下の3手順で簡単に口座開設することができます。

それぞれ解説します。

手順①:会員登録をする

まずはコチラのリンクからビットリアルティの公式ページに飛びます。すると、以下のような場面が出てくるので、赤枠で囲った「会員登録」ボタンを押します。

するとアカウントを作成するページに移ります。ビットリアルティではFacebook、Google、YahooのいずれかのIDを使って登録できます。どれか選んでボタンを押しましょう。

次のページでは会員情報を登録します。氏名、パスワードなどを入録したら「登録」ボタンを押します。

これで手順①は終わりです。次の手順に移りましょう。

手順②:口座開設申し込みをする

「登録」ボタンを押すと、以下のような画面が現れます。

「口座開設申し込みへ」ボタンが表れます。次の画面では投資経験などを入力します。すべて入力が終わったら「次へ進む」ボタンを押します。

次の画面では本人確認書類をアップロードします。

ちなみに、本人確認書類には以下のようなものが使えます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
    (平成24年4月1日以降に交付されたものに限る)
  • 各種健康保険証
    (通院歴・臓器提供意思の記載がある場合は塗りつぶしてください)
  • 旅券(パスポート)
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書
    (ご本人様のみ)
  • 年金手帳

これらの本人確認書類のうち2点の裏面と表面をアップロードして提出しましょう。

本人確認書類のファイルをアップロードできたら、「次へ進む」ボタンを押します。

次の画面では通帳もしくはキャッシュカードの画像をアップロードします。提出したら「登録する」ボタンを押します。

これで口座開設は完了です。

手順③:登録した住所にウェルカムレターが届く

口座開設に必要な情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーを提出したら、ビットリアルティで口座開設の審査が行われます。

無事審査が終わったら登録した住所にウェルカムレターが届きます。これで口座開設は完了です。

↑目次に戻る

まとめ:ビットリアルティは野村総研とケネディクスが運営する不動産クラウドファンディングサービス

この記事では、野村総研とケネディクスが運営する不動産クラウドファンディングサービス、ビットリアルティについて解説してきました。

ビットリアルティは以下のような特徴を持つ不動産クラウドファンディング事業者です。

  • 信頼性
    ・野村総研(東証一部上場)とケネディクス(東証一部上場)の合弁会社が運営
    ・案件は不動産で高い実績を上げるケネディクスのノウハウを活用して選定
  • 投資しやすさ
    ・募集終了まで数日かかるため投資しやすい
    ・最低投資額が50~100万円とかなり高め
  • 利回り
    ・2.5~3.5%(平均2.95%)と低め

口座開設だけなら無料なので、ぜひ一度ビットリアルティの公式ページを覗いてみてください。

ビットリアルティで口座開設してみる

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る