ソーシャルレンディング事業者解析

【FPが解説】COOL(クール)の解析|評判・特徴・始め方

編集長 わさ
編集長 わさ
こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

COOLは成長著しいアジア市場に投資できるソーシャルレンディングサービスですが、以下のように感じている方が多いのではないでしょうか。

「COOLってどんな事業者なの?」
「COOLって信頼できる事業者なの?」

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • COOLとは?
  • COOLの悪い評判
  • COOLの良い評判
  • COOLは投資に値するか?
  • COOLの口座開設方法

ぜひご一読ください。

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

※本記事に記載されている情報は、特に断りがない限り、2020年1月現在のものです。

COOLとは?

COOLはソーシャルレンディングと呼ばれるサービスのひとつです。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業と利息収入を得たい投資家をマッチングするサービスです。

具体的には、以下の図のように、複数人の投資家から集めたお金をCOOLがまとめて企業に貸します。そして、返済されたお金と利息が投資家に支払われます。

投資家はソーシャルレンディング事業者のホームページから投資したい案件を選び、投資します。投資が終わったら、お金が戻ってくるまで何もする必要はありません。

ソーシャルレンディングについては以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングとは?|魅力・リスクなど現在、初心者でも手軽に投資でき、安定的に利益が得られるソーシャルレンディングが注目されています。そこで、この記事ではソーシャルレンディングの概要についてまとめてみました。 この記事を読めば、ソーシャルレンディングの基礎知識を一通り知ることができます。...

そんなソーシャルレンディングの中でも、COOLは2019年に運営が開始された新しいサービスです。

成長著しいアジア市場に投資できるのが特徴になっています。

上場企業の子会社が運営しているため、運営企業の信頼性は高めになっています。

↑目次に戻る

COOLの悪い評判3選


COOLは優れたサービスですが、悪い評判もあります。

COOLの悪い評判は以下の3つです。

それぞれ見ていきましょう。

悪い評判①:損失の可能性が0ではない

COOLに限らず、ソーシャルレンディングでは損失の可能性が0ではありません。

具体的には、以下のような場合に、COOLで投資した投資家が損失を被ってしまいます。

  • COOLの運営企業が倒産した場合
  • 貸付先の企業がお金を返せなくなった場合

ただ、COOLを運営しているのは上場企業の子会社です。

すぐに倒産するとは考えにくいです。

悪い評判②:途中解約できない

COOLに限らず、ソーシャルレンディングでは途中解約することができません

たとえば、以下の案件に30万円を投資したとします。

すると運用期間が終わるまでの3ヶ月間は30万円を引き出すことができないのです。

COOLで投資するのはすぐに使う予定のないお金だけにしましょう。

悪い評判③:実績が少ない

COOLはまだ実績が少ない事業者です。

具体的には、サービスが開始されてから募集された案件はまだ1件です。

COOLが信頼できる事業者か見極めるには、まだ時間がかかると言えます。

↑目次に戻る

COOLの良い評判6選


COOLの良い評判は以下の6個です。特に重要な評判は太字で表示しています。

それぞれ見ていきましょう。

良い評判①:成長著しいアジア市場に投資できる

COOLは成長著しいアジア市場に投資できるソーシャルレンディングサービスです。

ほかにアジア市場にできるソーシャルレンディングサービスはほとんどありません。

良い評判②:上場企業の子会社が運営

COOLは上場企業の子会社が運営しているソーシャルレンディングサービスです。

具体的には、COOLは東証マザーズに上場する株式会社ZUUの子会社が運営しています。

上場企業は非上場企業よりも厳しい基準が求められるため、企業としての信頼性が高いです。

ちなみに、株式会社ZUUは月刊訪問者数400万人の金融メディア ZUU Onlineなどを運営しています。

良い評判③:情報の透明性が高い

COOLでは匿名化解除に対応しており、貸付先の会社名など、詳細な情報を開示しています。

情報の透明性が高いため、投資家が自分で案件を選んで投資することができます。

良い評判④:数万円から投資できる

COOLでは数万円から投資することができます。

第1号案件は3万円からの投資でしたが、これは案件により異なるようです。

数万円から投資できるため、あまり投資に回せるお金がない人でも、手軽に投資を始めることができます。

良い評判⑤:ほったらかし投資ができる

COOLでは投資先を決めて投資をしてしまえば、あとは運用期間が終わってお金が返ってくるまで何もする必要がありません。

株などのように、値動きを毎日のように確認する必要はないのです。

いわば「ほったらかし投資」ができるため、時間がない方でも気軽に投資を始められます。

良い評判⑥:運用期間が短い

COOLは比較的運用期間が短いソーシャルレンディングサービスです。

その証拠に、第1号案件の運用期間は3ヶ月でした。

運用期間が短いとすぐにお金が返ってくるため、急にお金が必要になった時でも安心です。

また、ソーシャルレンディングでは運用期間が短い案件のほうが、長い案件よりもリスクが低いと言われています。

COOLで口座開設してみる

↑目次に戻る

COOLの手数料


COOLの手数料は、以下のとおり入金手数料以外すべて0円です。口座開設するだけなら、お金はまったくかかりません。

入金手数料投資家負担
出金手数料0円
口座開設手数料0円
口座維持手数料0円
購入手数料0円
運用手数料0円

↑目次に戻る

COOLは投資に値する?


COOLはまだ1号案件しか募集されていないため、現時点で投資に値するかどうか判断するのは難しいです。

とりあえず様子見というところでしょうか。

アジア市場に投資できるソーシャルレンディングサービスは希少なので、ポートフォリオを拡大するのには役立つかもしれません。

ソーシャルレンディングで投資するなら、基本的には信頼性と投資のしやすさを兼ね備えたクラウドバンクなどがおすすめです。

COOLのQ&A


この項では、COOLに関するQ&Aを掲載しています。

Q. COOLで得た利益は確定申告する必要がある?

ほかの副業収入と合わせて、20万円を超えたらおおむね確定申告する必要があります。

確定申告については以下のページで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングの確定申告|2020年最新版投資には税金がつきものです。 「ソーシャルレンディングで利益を得たけど、確定申告しなくて大丈夫かな?」 「ソーシャルレンディング...

↑目次に戻る

COOLのキャンペーン


COOLのキャンペーン情報は以下のとおりです。

現在開催中のキャンペーン

2020年7月6日現在、COOLで開催中のキャンペーンはありません。

過去のキャンペーン

COOLでは過去に以下のようなキャンペーンが行われていました。

2019年7月16日~31日:オープン記念「Amazonギフト券」プレゼントキャンペーン

2019年7月16日~31日には口座開設をするとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされるキャンペーンが開催されていました。

↑目次に戻る

COOLの最新ニュース


COOLの最新ニュースは以下のとおりです。

2020年6月22日:投資方法の変更

2020年6月22日にはCOOLの投資方法が変更されました。

具体的には、これまで投資のたびに専用口座に入金する形を取っていましたが、事前にデポジット口座に入金する形になりました。

これにより、投資のたびに振込手数料がかからないようになりました。

2019年10月:株式会社ZUUがCOOLを子会社化

2019年10月18日には株式会社ZUUがソーシャルレンディングサービスCOOLを運営する株式会社COOL SERVICESとその子会社である株式会社COOLを子会社化しました。

2019年7月:サービス開始

COOLは2019年7月にサービスが開始されました。

同月のうちに1号案件も募集されました。

COOLのその他のニュースに関してはコチラのページをご覧ください。

↑目次に戻る

COOLのセミナー情報


COOLでは、2020年7月6日現在、開催が予定されているセミナーはありません

過去にセミナーが開催されたこともありません。

↑目次に戻る

COOLの始め方3手順

COOLの口座開設は以下の3手順でできます。

それぞれ解説します。

手順①:登録フォームに入力し、書類に同意する

まずはコチラのリンクからCOOLの公式ページに飛びます。すると、以下のような場面が出てくるので、青枠で囲った「今すぐ無料で口座開設」ボタンを押します。

すると、メールアドレスやパスワードなど仮登録に必要な情報を入力するページに移動します。すべて入力したら、画面下部の「仮登録を完了する」ボタンを押します。

すると登録したメールアドレスにCOOLからメールが届きます。リンクをクリックしましょう。

本登録に必要な情報を入力するページに移るので、氏名・住所や投資経験などすべて入力しましょう。入力が終わったら「内容に同意の上、本人確認書類書類提出へ進む」をクリックします。

これで手順①は終わりです。次の手順に移りましょう。

手順②:本人確認書類・マイナンバーを提出する

内容に同意の上、本人確認書類書類提出へ進む」ボタンを押すと、本人確認書類を提出する画面が現れます。

COOLで提出する必要がある本人確認書類は以下のうち2つです。

  • 運転免許証
  • 写真付き住基カード
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号(マイナンバー)カードの表面のみ
  • 特別永住者証明書(両面必須)
  • 健康保険証(1種類目には使用できません)

すべてアップロードしたら「本人確認書類を提出する」をクリックします。

次のページではマイナンバー書類を提出します。

COOLでマイナンバー書類として使えるものは以下のとおりです。

  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • 住民票または住民記載事項証明書

すべてアップロードしたら「登録する」をクリックしましょう。

手順②はこれで終了です。

手順③:登録した住所にウェルカムレターが届く

口座開設に必要な情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーを提出したら、COOLで口座開設の審査が行われます。

無事審査が終わったら登録した住所にウェルカムレターが届きます。これで口座開設は完了です。

↑目次に戻る

まとめ:COOLは成長著しいアジア市場に投資できるソーシャルレンディングサービス

この記事では、成長著しいアジア市場に投資できるソーシャルレンディングサービス、COOLについて解説してきました。

口座開設だけなら無料なので、ぜひ一度COOLの公式ページを覗いてみてください。

COOLで口座開設してみる

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る