ソーシャルレンディング事業者解析

【FPが解説】クラウドクレジットの解析|評判・実績・詳細データなど

クラウドクレジット
編集長 わさ
編集長 わさ
こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

クラウドクレジットは幅広い海外の案件に投資できる高利回りのソーシャルレンディングサービスですが、以下のように感じている方が多いのではないでしょうか。

「クラウドクレジットってどんな事業者なの?」
「クラウドクレジットって信頼できる事業者なの?」

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • クラウドクレジットとは?
  • クラウドクレジットの悪い評判
  • クラウドクレジットの良い評判
  • クラウドクレジットは投資に値するか?
  • クラウドクレジットの口座開設方法

ぜひご一読ください。

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

※本記事に記載されている情報は、特に断りがない限り、2020年1月現在のものです。

クラウドクレジットとは?

クラウドクレジットはソーシャルレンディングと呼ばれるサービスのひとつです。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業と利息収入を得たい投資家をマッチングするサービスです。

具体的には、以下の図のように、複数人の投資家から集めたお金をクラウドクレジットがまとめて企業に貸します。そして、返済されたお金と利息が投資家に支払われます。

投資家はソーシャルレンディング事業者のホームページから投資したい案件を選び、投資します。投資が終わったら、お金が戻ってくるまで何もする必要はありません。

ソーシャルレンディングについては以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングとは?|魅力・リスクなど現在、初心者でも手軽に投資でき、安定的に利益が得られるソーシャルレンディングが注目されています。そこで、この記事ではソーシャルレンディングの概要についてまとめてみました。 この記事を読めば、ソーシャルレンディングの基礎知識を一通り知ることができます。...

クラウドクレジットはそんなソーシャルレンディングの大手事業者のひとつです。

利回りが業界トップレベルに高く、海外に投資できる貴重な事業者なので、投資家からの人気も高いです。以下のような特徴を持っています。

  • 信頼性
    ・伊藤忠、第一生命など10社以上の有名企業から出資を受けている
    ・250億円以上の運営実績を持つ大手事業者
  • 投資しやすさ
    ・基本的にいつでも投資できる
    ・海外の案件に1万円から投資できる
  • 利回り
    ・4~11.1%(平均8.91%)の案件を募集する高利回り事業者

↑目次に戻る

クラウドクレジットの悪い評判5選


クラウドクレジットは優れたサービスですが、悪い評判もあります。

クラウドクレジットの悪い評判は以下の5つです。

それぞれ見ていきましょう。

悪い評判①:貸し倒れ・遅延を起こしたことがある

クラウドクレジットは貸し倒れ(元本割れ)や遅延を起こしたことがあります。貸し倒れとは、融資先がお金を返せなくなってしまい、投資したお金が失われてしまうことです。

クラウドクレジットでは、以下のように投資で利益を得ている人もいれば、損をしている人もいます。

しかし、平均8.91%という高い利回りが得られるのに、損している人がこの程度なのはかなり優秀だと言えます。

以下の表を見てください。主な投資方法で利益を得ている投資家の割合です。

投資方法利益を得ている人の割合
投資全般9.3% ※1
投資信託約60% ※2
FX24% ※3
仮想通貨30.5% ※4

クラウドクレジットはほかの投資に比べてずっと利益を得やすいことがわかります。

※1 野村證券による調査 [出典:https://www.j-cast.com/kaisha/2019/07/03361507.html?p=all]
※2 金融庁による調査[出典:https://www.sankei.com/economy/news/181107/ecn1811070019-n1.html]
※3 海外FX7業者の調査結果から単純平均により算出 [出典:https://www.j-cast.com/kaisha/2019/07/03361507.html?p=all]
※4 日経マネーによる調査[出典:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO48256410W9A800C1000000/]

悪い評判②:投資中のお金は引き出せない

クラウドクレジットでは、一旦投資すると、運用期間が終わるまでお金を引き出すことはできません

たとえば、以下の案件に20万円を投資したとします。

すると、25ヶ月の間は20万円を引き出せないのです。クラウドクレジットに投資するのは、すぐに使う予定のない余裕資金だけにしましょう。

悪い評判③:海外特有のリスクがある

クラウドクレジットは海外に投資できる事業者ですが、海外には海外特有のリスクがあります

海外に特有のリスクは主に以下のふたつです。

  • 為替リスク
    為替の変動により利益が減るリスク
  • カントリーリスク
    投資した国で政治や経済に変化が起こるリスク

一般的に、ソーシャルレンディングで海外に投資する案件は国内に投資する案件よりリスクが高いと言われています。上記のリスクは投資家にとってプラスに働くこともありますが、マイナスに働くこともあるので注意が必要です。

ただ、クラウドクレジットでは為替リスクについては対処しています。為替リスクがない円建ての案件も募集されているのです。

悪い評判④:運用期間が長い案件が多い

クラウドクレジットには運用期間が1~3年程度と長い案件が多いです。

運用期間が長いと、お金が必要になった時に、すぐにお金が用意できなくなってしまいます。

近々使う予定のあるお金は投資しないのが大切です。

また、ソーシャルレンディングでは運用期間が長い案件は短い案件と比べてリスクが高いとされています。その代わりリターンも高くなっているのですが、注意が必要です。

悪い評判⑤:担保や保証がない

クラウドクレジットでは、ほとんどの案件で担保や保証が設定されていません

担保や保証があると融資先がお金が返せなくなっても、担保や保証を使ってお金を回収できます。

担保や保証がない場合は融資先がお金を返せなくなった時にお金を回収する手段がないので、リスクが高いと言えます。

クラウドクレジットは利回りが高い分、リスクも高いソーシャルレンディング事業者と言えます。

↑目次に戻る

クラウドクレジットの良い評判15選


クラウドクレジットの良い評判は以下の15個です。特に重要な評判は太字で表示しています。

それぞれ見ていきましょう。

良い評判①:最大11.1%の高利回り

クラウドクレジットの最大の魅力は利回りが高いことです。クラウドクレジットの平均利回りは8.91%であり、これは現在運営中のソーシャルレンディング事業者で一番高い値です。

そして、クラウドクレジットには利回りが11.1%の案件まで用意されています。

クラウドクレジットはリスクも高めですが、その分高い利回りが期待できるのが魅力の事業者と言えます。

良い評判②:伊藤忠などの大企業が出資


画像は、クラウドクレジットに出資している主な企業です。伊藤忠商事など、多くの人が知る企業も多く含まれています。

多くの有名企業から出資を受けているクラウドクレジットは外部からの信頼が厚いソーシャルレンディング事業者と言えます。

良い評判③:5年以上の運営実績

クラウドクレジットには5年7ヶ月の運営実績があります。これはソーシャルレンディング事業者の中で5番目に長い期間です。

ちなみに、運営年数が長いソーシャルレンディング事業者は以下の表のとおりです。

順位事業者名運営年数
1位maneo(口座開設停止中)11年3ヶ月
2位SBIソーシャルレンディング8年10ヶ月
3位AQUSH(現在は撤退)8年5ヶ月
4位クラウドバンク6年1ヶ月
5位クラウドクレジット5年7ヶ月
6位オーナーズブック5年4ヶ月
7位SAMURAI FUND4年9ヶ月

長い間安定して運営しているため、クラウドクレジットは安心して投資できる事業者と言えます。

良い評判④:いつでも投資できる

クラウドクレジットではいつでも10件程度の案件が用意されているため、いつでも多くの案件から自分に合った投資先を選べます

運用期間が終わってお金が返ってきてもすぐに再投資できるため、効率的な資産運用ができます。

良い評判⑤:黒字を達成している

クラウドクレジットは長い間、赤字であることが不安材料でしたが、2019年6月にはキャッシュフロー上の単月黒字を達成しました

黒字を達成したことで、クラウドクレジットの企業としての安定性が高まり、投資する時により安心できるようになりました。

良い評判⑥:ほったらかし投資ができる

クラウドクレジットでは投資する案件を決めて投資したら、後は運用期間が終わってお金が返ってくるまで何もすることがありません。

「ほったらかし投資」ができるため、サラリーマンなど投資に回せる時間が少ない人でも手軽に投資が始められます。

良い評判⑦:海外のさまざまな国に投資できる

クラウドクレジットでは海外のさまざまな国に投資できます。実際にクラウドクレジットで投資できる国は主に以下のとおりです。

地域国家
アジアインドネシア
シンガポール
パキスタン
モンゴル
ヨーロッパイギリス
イタリア
エストニア
キプロス
キルギス
ジョージア
スペイン
フィンランド
ブルガリア
リトアニア
ロシア
アフリカウガンダ
ケニア
タンザニア
ナイジェリア
北アメリカアメリカ
南アメリカコロンビア
ブラジル
ペルー
メキシコ

これだけ幅広い国に投資できるソーシャルレンディングサービスはほかにありません。

良い評判⑧:投資と社会貢献を両立できる

クラウドクレジットは「世界に貢献する投資」を掲げており、投資と社会貢献を両立できる事業者です。

クラウドクレジットで社会貢献できる案件には、たとえば以下のようなものがあります。

  • メキシコの省エネ事業に投資できる案件
  • 東南アジアの未電化地域に太陽光発電パネルを届ける案件
  • キルギスの貧困層にマイクロファイナンス融資を行う案件

投資と社会貢献を両立したい人は、クラウドクレジットで「社会インパクト重視ファンド」と書かれている案件に投資するのがおすすめです。

良い評判⑨:積極的な情報発信を行っている

クラウドクレジットは特に積極的な情報発信を行っているソーシャルレンディング事業者です。

「ガイアの夜明け」というテレビ番組で特集されたこともあります。セミナーも定期的に開催されています。

クラウドクレジットの情報が得られるサイトやSNSは以下のとおりです。

本当に多くの手段を使って情報発信を行っていることがわかります。

良い評判⑩:1万円から投資できる

クラウドクレジットでは1万円から投資できます

少ない金額でも手軽に投資を始められるのは大きな魅力と言えます。

良い評判⑪:為替リスクのない円建てでも投資できる

クラウドクレジットは海外に投資するソーシャルレンディングサービスですから、為替リスクの影響を受けます。

為替リスクとは、為替の変動によって利益が減ってしまうリスクです。

クラウドクレジットではこの為替リスクの影響を受けない円建ての案件もあります

良い評判⑫:借り手の詳細情報がわかる

ソーシャルレンディング事業者の中には、借り手の詳細情報がわからないところもあります。

しかし、クラウドクレジットでは借り手の情報が細かいところまで開示されています。そのため、自分で借り手について十分に調べた上で投資先を決められます。

良い評判⑬:出金手数料が月1回まで無料

クラウドクレジットでは、月1回まで出金手数料が無料です。

余計な手数料がかからないので、効率的に資産を増やしていけます。

ちなみに、月2回目以降は事務手数料として770円がかかります。ただ、ソーシャルレンディングで月2回以上出金を行うことはほとんどないのであまり気にしなくても大丈夫です。

良い評判⑭:簡単に分散投資ができる

クラウドクレジットでは、簡単に分散投資ができます。ファンドパッケージ機能というものがあるからです。

ファンドパッケージ機能とは、複数の案件に分散して投資ができる機能のことです。ちなみに、クラウドクレジットでは「バランス型」「社会的インパクト重視型」などさまざまなファンドパッケージを用意しています。

良い評判⑮:リスクが高い案件を見分けやすい

クラウドクレジットではリスクが高い案件を見分けやすくなっています。リスクが高い案件には「高リスク商品」と書かれているからです。クラウドクレジットは貸し倒れも起こっているソーシャルレンディング事業者なので、危険度が高い案件が見分けやすいのは助かりますね。

ちなみに、「償還実績あり」と書かれている案件はほかの案件よりもリスクが低くなっています。「償還実績あり」の案件は過去にきちんとお金を返した相手に貸しているからです。

クラウドクレジットで口座開設してみる

↑目次に戻る

クラウドクレジットの詳細データ【案件1073件を分析】


クラウドクレジットの詳細データは以下のとおりです。

クラウドクレジットの詳細情報
運営会社クラウドクレジット株式会社
社長杉山 智行
サービス開始2014年6月
上場情報非上場
決算情報公開(赤字)
監査法人非公開
出資企業伊藤忠商事株式会社
フェムトグロースキャピタル有限責任事業組合
有限責任事業組合フェムト・スタートアップ
マネックスベンチャーズ株式会社
株式会社GCIキャピタル
第一生命保険株式会社
三菱UFJキャピタル株式会社
LINE Ventures株式会社
YJキャピタル株式会社
ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社
グローバル・ブレイン株式会社
SBIインベストメント株式会社
累計応募総額約257億円
年間案件数(2019年)約400
平均利回り8.91%
貸し倒れあり
最低投資額1万円
投資単位1万円
入金手数料投資家負担
出金手数料0円(月1回まで)
口座開設可能年齢20~75歳
匿名化解除対応済み
担保カバー率20%未満
保証カバー率20%未満
案件の種類 海外不動産
マイクロファイナンス
自動車
金融 など
運用期間6ヶ月未満
6ヶ月~1年
1年以上

以下の8点について詳しく見ていきましょう。

利回り:4~11.1%(平均8.91%)

クラウドクレジットでは4~11.1%の幅広い利回りの案件が用意されています。平均利回りは8.91%であり、これはソーシャルレンディング事業者として1位の値です。

詳しい利回りの分布は以下のグラフのとおりです。

運用期間:1~3年が多い

クラウドクレジットは運用期間が1~3年と長い案件が多いです。

具体的な運用期間の分布は以下のグラフのとおりです。

貸し倒れ:ある

クラウドクレジットは高利回りな分、貸し倒れで投資家が損することもあります。クラウドクレジットの貸し倒れ情報は以下の表のとおりです。

運用開始済みファンド数1,108
償還済みファンド数427
償還時元本割れ件数57

※2020年5月現在

約13%の案件が貸し倒れを起こしていることがわかります。

案件がある頻度:いつでも募集されている

クラウドクレジットではいつでも10件程度の案件が募集されています。

案件の種類:さまざま

クラウドクレジットでは世界中のさまざまな案件に投資できます。

具体的には主に以下のような案件に投資できます。

  • マイクロファイナンス
  • 金融
  • 中小企業支援
  • 自動車
  • 不動産
  • 農業

投資先の国・地域:日本を除く世界中

クラウドクレジットでは日本を除く世界中に投資できます。

具体的な投資先の国・地域の割合は以下のグラフのとおりです。

また、具体的に投資できる国の一覧は以下の表のとおりです。

地域国家
アジアインドネシア
シンガポール
パキスタン
モンゴル
ヨーロッパイギリス
イタリア
エストニア
キプロス
キルギス
ジョージア
スペイン
フィンランド
ブルガリア
リトアニア
ロシア
アフリカウガンダ
ケニア
タンザニア
ナイジェリア
北アメリカアメリカ
南アメリカコロンビア
ブラジル
ペルー
メキシコ

クラウドクレジットでは本当に多くの国に投資ができるのです。

担保・保証:ほとんどない

クラウドクレジットではほとんどの案件で担保や保証が設定されていません。

手数料:すべて0円

クラウドクレジットの手数料は以下のとおりです。口座開設するだけなら、お金はまったくかかりません。

入金手数料投資家負担
出金手数料0円(月1回まで)
口座開設手数料0円
口座維持手数料0円
購入手数料0円
運用手数料0円

↑目次に戻る

クラウドクレジットは投資に値する?


クラウドクレジットはハイリスク・ハイリターンの投資を好む人なら投資に値すると考えられます。

クラウドクレジットはソーシャルレンディング事業者の中でもトップレベルにリスクもリターンも大きいからです。

ただ、やはりリスクが大きいため、大きな資金を投入するのは危険です。クラウドクレジットを活用するなら、安全性が高いFundsなどと組み合わせると良いでしょう。

クラウドクレジットのQ&A

この項では、クラウドクレジットに関するQ&Aを掲載しています。

Q. クラウドクレジットで得た利益は確定申告する必要がある?

ほかの副業収入と合わせて、20万円を超えたらおおむね確定申告する必要があります。

確定申告については以下のページで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングの確定申告|2020年最新版投資には税金がつきものです。 「ソーシャルレンディングで利益を得たけど、確定申告しなくて大丈夫かな?」 「ソーシャルレンディング...

Q. クラウドクレジットのオススメ案件は?

クラウドクレジットでは「償還実績あり」と書かれている案件に投資するのがおすすめです。

「償還実績あり」と書かれている案件の融資先は過去にクラウドクレジットでお金を借りて、問題なくお金を返した実績があるため、ほかの案件と比べて安心して投資できます。

Q. クラウドクレジットの社長、杉山智行さんってどんな人?


クラウドクレジットの社長、杉山智行さんは東大法学部出身で、大和証券SMBC、ロイズ銀行などを経験し、2013年にクラウドクレジットを設立しました。

経歴は超エリートです。自ら積極的に情報発信を行っているので、いろいろなところで杉山智行さんの人柄を知れます。

Q. クラウドクレジットのアプリはある?

2020年5月現在、クラウドクレジットのスマホアプリはありません。

Q. クラウドクレジットはNISAに対応している?

2020年5月現在、クラウドクレジットをはじめとしたソーシャルレンディングはNISAの対象にはなっていません。

Q. クラウドクレジットは上場してる?

2020年5月現在、クラウドクレジットを運営するクラウドクレジット株式会社は上場していません。

Q. クラウドクレジットは新型コロナウイルスの影響をどのくらい受けている?

クラウドクレジットはコロナウイルスに関連する株価の急落によって、大きな影響は受けていないようです。

クラウドクレジットは株価が急落した時期の案k年の運用実績について、以下のように公表しています。

ちなみに、2020年4月に実績利回りが低下しているのは、円高の影響によるものだそうです。

↑目次に戻る

クラウドクレジットのキャンペーン


クラウドクレジットのキャンペーン情報は以下のとおりです。

現在開催中のキャンペーン

2020年5月31日現在、クラウドクレジットで開催中のキャンペーンはありません。

過去のキャンペーン

クラウドクレジットでは過去に以下のようなキャンペーンが行われていました。

2020年2月4日~3月10日:クラウドクレジットの商品購入で「最大10万円相当PayPayギフトカードあげちゃう!」キャンペーン

クラウドクレジットの商品購入で「最大10万円相当PayPayギフトカードあげちゃう!」キャンペーンでは、キャンペーン期間中にクラウドクレジットに登録し、20万円以上投資した人にPayPayのギフトカードがプレゼントされました。

2019年11月1日~12月31日:「購入でSBIポイント」キャンペーン

「購入でSBIポイント」キャンペーンでは、キャンペーン期間中、クラウドクレジットで投資家登録を行い、20万以上を投資した方にSBIポイント5,000ポイントがプレゼントされました。

SBIポイントは1ポイント0.8円で現金に交換できます。20万円投資した場合、4,000円が手に入る計算です。これは利回りにして2%なので、かなりお得なキャンペーンでした。

2019年9月13日~10月31日:「購入でTポイント」キャンペーン

2019年9月13日~10月31日には「購入でTポイント」キャンペーンが開催されました。

このキャンペーンでは、キャンペーン期間中にクラウドクレジットで投資家登録を行い、20万円以上投資した人にTポイント5,000ポイントがプレゼントされました。

2019年6月20日~7月19日:【5周年感謝 】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

2019年6月20日~7月19日には【5周年感謝 】Amazonギフト券プレゼントキャンペーンが開催されました。

このキャンペーンでは、期間中にクラウドクレジットで50万円以上投資した人にアマゾンギフト券1,000円がプレゼントされました。

2019年4月25日~5月15日:平成最後のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン

このキャンペーンでは期間中に50万円以上を投資した人にアマゾンギフト券1,000円がプレゼントされました。

2019年2月12日~5月募集分まで:「Grow Together」キャンペーン

「Grow Together」キャンペーンでは「マイクロローン事業者ファンド」(ただし「米ドル建て」「ユーロ建て」に限る)シリーズについて、キャンペーン期間中に通常よりも高い利回りで募集されました。

2019年1月28日~2月12日:Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

このキャンペーンでは期間中に50万円以上を投資した人にアマゾンギフト券1,000円がプレゼントされました。

編集長 わさ
編集長 わさ
クラウドクレジットはお得なキャンペーンを多く開催しています。

↑目次に戻る

クラウドクレジットの最新ニュース

クラウドクレジットの最新ニュースは以下のとおりです。

2020年2月25日:国内大手上場証券会社の資金運用開始

2020年2月25日、クラウドクレジットは国内大手上場証券会社の資金の運用を開始したことを公表しました。

これは、クラウドファンディング業界では初めての事例になっています。

2020年1月9日:ファンドパッケージ機能新設


2020年1月9日、クラウドクレジットはファンドパッケージ機能の新設を発表しました。

ファンドパッケージ機能とは、複数の案件をテーマごとに組み合わせてひとつのパッケージにする機能です。

この機能により、ひとつのパッケージに投資するだけで投資先を複数に分散できるようになりました。

2019年11月13日:マイページトップに「ダッシュボード機能」新設


2019年11月13日にはマイページのトップに「ダッシュボード機能」が新設されました。

ダッシュボード機能では、以下の3つの情報が見られます。

  • 運用状況サマリー
    クラウドクレジットへの投資額、投資案件数などがわかります
  • 出資金残高に基づいたポートフォリオ
    投資している案件の種類が地域別、通貨別などでわけられた円グラフで見られます
  • おすすめファンド
    現在の投資状況から考えておすすめの案件が表示されます

これにより、マイページがより見やすくなりました。

2019年5月17日:匿名化解除に関わる情報公開の方針を公開

2019年5月17日、クラウドクレジットは匿名化解除に関する情報公開の方針を公開しました。

この発表で、クラウドクレジットは借り手の詳細情報について順次開示していく方針を示しました。

クラウドクレジットのその他のニュースに関してはコチラのページをご覧ください。

↑目次に戻る

クラウドクレジットのセミナー情報


クラウドクレジットでは2020年5月現在、開催が予定されているセミナーはありません。

ちなみに、2019年には以下の日時でセミナーが開催されました。

日時備考
2020年1月31日ソーシャルレンディング大手3社合同セミナー
2019年10月1日海外資金需要者による来日セミナー
2019年9月25日ソニーフィナンシャルHD
との共催セミナー
2019年8月10日コモンズ投信
との共催セミナー
2019年6月22日YJFX
との共催セミナー
2019年4月6日未来に向けての資産形成セミナー
ゲスト:セゾン投信社長
2019年3月19日インドネシアセミナー
編集長 わさ
編集長 わさ
クラウドクレジットでは頻繁にセミナーが開催されています。

気になるセミナーがあれば、参加してみるのがおすすめです。クラウドクレジットについてよく知れますよ。

↑目次に戻る

クラウドクレジットの始め方3ステップ

クラウドクレジットは以下の3つのステップで簡単に始めることができます。

それぞれ見ていきましょう。

ステップ①:口座開設

口座開設は以下の手順で行います。

それぞれ解説します。

手順①:登録フォームに入力し、書類に同意する

まずはコチラのリンクからクラウドクレジットの公式ページに飛びます。そして、画面中部にある「無料で新規登録する」ボタンを押します。

すると、メールアドレスやパスワードなどを入力するページに飛びます。すべて入力したら、画面下部の「登録内容を確認する」ボタンを押します。

すると確認画面が現れるので、問題なければ「この内容で登録する」ボタンを押します。

すると、登録したメールアドレスにメールが送信されます。メールを確認してボタンもしくはリンクをクリックします。

すると口座開設に必要な情報を入力するページに移るので、すべて入力し、画面下部の「次へ」ボタンを押します。

次のページでも引き続き情報を入力し、すべて入力したら「次へ」ボタンを押します。

次のページでは書類を読み、同意したら「登録申込をする」ボタンを押します。

これで手順①は終わりです。次の手順に移りましょう。

手順②:登録した住所に本人限定受取郵便が届く

手順①が終わると、クラウドクレジットで審査が行われます。

そして、審査が終わったらメールでお知らせが届き、登録した住所に本人限定受取郵便が届きます。

本人限定受取郵便は口座開設を申請した本人しか受け取れず、郵便局員が指定する本人確認書類を提示する必要があるので注意が必要です。

本人限定受取郵便には「お客様コード」が書かれています。これを入力するために、まずはトップページにある「マイページ」ボタンを押してログインページを開きます。

ログインページではIDとパスワードを入力し、「ログインする」ボタンを押します。

すると、画面中央部に「お客様コードの入力」ボタンが現れるので、これをクリックします。

開かれたページで本人限定受取郵便に書かれている「お客様コード」を入力し、「登録」を押すと口座開設は完了です。

編集長 わさ
編集長 わさ
クラウドクレジットはマイナンバーを必ずしも登録しなくてもいいソーシャルレンディング事業者です。

手順③:登録した住所にウェルカムレターが届く

口座開設に必要な情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーを提出したら、クラウドクレジットで口座開設の審査が行われます。

無事審査が終わったら登録した住所にウェルカムレターが届きます。これで口座開設は完了です。

ステップ②:口座に入金

口座に入金する時には、まずはマイページにログインしましょう。マイページに入れたら、画面中央部にある「預託金口座への振込情報」ボタンをクリックします。

すると、振込先口座が表示されます。これを確認したら、金融機関が手続きをして入金しましょう。

ステップ③:案件に投資

案件に投資したいときには、まずはログインしてマイページに移動します。画面上部にある「ファンド一覧」ボタンを押します。

すると、案件の一覧が表示されます。この中から投資したい案件を選んでクリックしましょう。

すると案件について説明されているページが現れます。案件の詳細情報を読み、投資することを決めたら、画面中央右にある「このファンドに投資する」ボタンを押します。

すると以下のような画面が現れるので、投資したい金額を入力し、書類を確認してチェックボタンを押し、「決定」ボタンを押します。

これで案件に投資できました。

↑目次に戻る

まとめ:クラウドクレジットは海外の高利回り案件に投資できる大手事業者

この記事では、海外の高利回り案件に投資できるクラウドクレジットについて解説してきました。

クラウドクレジットは以下のような特徴を持つソーシャルレンディング事業者です。

  • 信頼性
    ・伊藤忠、第一生命など10社以上の有名企業から出資を受けている
    ・250億円以上の運営実績を持つ大手事業者
  • 投資しやすさ
    ・基本的にいつでも投資できる
    ・海外の案件に1万円から投資できる
  • 利回り
    ・4~11.1%(平均8.91%)の案件を募集する高利回り事業者

口座開設だけなら無料なので、ぜひ一度クラウドクレジットの公式ページを覗いてみてください。

クラウドクレジットで口座開設してみる

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る