ソーシャルレンディング事業者解析

【FPが解説】レンデックス(LENDEX)の解析|評判・特徴・詳細データ

編集長 わさ
編集長 わさ
こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

レンデックス(LENDEX)は高利回りで話題のソーシャルレンディングサービスですが、以下のように感じている方が多いのではないでしょうか。

「レンデックスってどんな事業者なの?」
「レンデックスって怪しいんじゃないの?」

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • レンデックスとは?
  • レンデックスの悪い評判
  • レンデックスの良い評判
  • レンデックスの口コミ
  • レンデックスは投資に値するか?
  • レンデックスの口座開設方法

ぜひご一読ください。

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

※本記事に記載されている情報は、特に断りがない限り、2020年1月現在のものです。

レンデックスとは?

レンデックスはソーシャルレンディングと呼ばれるサービスのひとつです。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業と利息収入を得たい投資家をマッチングするサービスです。

具体的には、以下の図のように、複数人の投資家から集めたお金をレンデックスがまとめて企業に貸します。そして、返済されたお金と利息が投資家に支払われます。

投資家はソーシャルレンディング事業者のホームページから投資したい案件を選び、投資します。投資が終わったら、お金が戻ってくるまで何もする必要はありません。

ソーシャルレンディングについては以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングとは?|魅力・リスクなど現在、初心者でも手軽に投資でき、安定的に利益が得られるソーシャルレンディングが注目されています。そこで、この記事ではソーシャルレンディングの概要についてまとめてみました。 この記事を読めば、ソーシャルレンディングの基礎知識を一通り知ることができます。...

そんなソーシャルレンディングの中でも、レンデックスはトップレベルの高利回り事業者です。

以下のような特徴を持つ事業者です。

  • 信頼性
    ・大部分(8割程度)の案件が担保付き
    ・担保は不動産事業を手がける東急リバブルが査定
  • 投資しやすさ
    ・大型案件でも数分で募集が終わるため、投資しにくい
    ・最低投資額は2~5万円
  • 利回り
    ・6~12%程度(平均8.90%)でかなり高い利回り

↑目次に戻る

レンデックスの悪い評判4選


レンデックスは優れたサービスですが、悪い評判もあります。

レンデックスの悪い評判は以下の4つです。

それぞれ見ていきましょう。

悪い評判①:損失の可能性が0ではない

レンデックスに限らず、ソーシャルレンディングでは損失の可能性が0ではありません。具体的には、以下のような場合に投資家が損する可能性があります。

  • レンデックスが倒産した場合
  • 借り手がお金を返せなくなった場合

ただ、2020年7月現在レンデックスが投資家に損失を与えたことはありません。

悪い評判②:社長の交代理由が謎

レンデックスでは2019年に2回社長が交代しました。

1回目の社長交代の理由は代表が兼業先で多忙になりすぎたことですので、はっきりしています。しかし、2回目の社長の交代理由は「一身上の都合」で、はっきりしていません

悪い評判③:人気が高すぎて投資できない

レンデックスは担保が設定されていることが多く、利回りも高いので投資家からの人気が高い事業者です。そのため、案件が募集されると応募が殺到し、募集はすぐに終わってしまいます。

具体的には、1億円以上を募集する大型の案件であっても数分で募集が終了してしまいます。小型の案件だと1分もかかりません。

投資の難易度は高い事業者だと言えるでしょう。

悪い評判④:投資中のお金は引き出せない

レンデックスに限らず、ソーシャルレンディングでは投資中のお金は引き出すことができません

たとえば、以下の案件に30万円を投資したとします。

すると、運用期間が終わる5ヶ月間のうちは、30万円を引き出せません。

レンデックスに投資するお金はすぐに使用する予定のないものにしましょう。

↑目次に戻る

レンデックスの良い評判10選


レンデックスの良い評判は以下の10個です。特に重要な評判は太字で表示しています。

それぞれ見ていきましょう。

良い評判①:業界トップレベルの高利回り

レンデックスの平均利回りは8.90%で業界トップレベルです。現在口座開設を受け付けている利回りが高いソーシャルレンディング事業者の一覧は以下の表のとおりです。

事業者平均利回り
クラウドクレジット8.91%
レンデックス8.90%
SAMURAI FUND7.30%
クラウドバンク6.99%
ポケットファンディング6.42%
ネクストシフトファンド6.24%

レンデックスは平均利回りが1番高いことがわかります。

良い評判②:元本回収率100%

レンデックスは2020年7月13日現在161件の案件を募集していますが、これまで遅延や貸し倒れが起こったことはなく、元本回収率100%です。これまで投資家に損失を与えたことはありません。

ソーシャルレンディング事業者を選ぶ時に、これまで貸し倒れを起こしたことがあるかどうかは重要です。

良い評判③:担保・保証がついている

レンデックスでは多くの案件に担保と保証がついています。担保や保証があると、万が一借り手企業がお金を返せなくなった時でも、担保や保証を使ってお金を回収できます。

レンデックスは利回りが高い分、リスクも高めだと想定されるため、担保や保証がついていると少しは安心して投資できます。

↓担保や保証の詳細データはコチラ

良い評判④:東急リバブルが担保を評価

レンデックスでは不動産事業を手がける東急リバブルが担保を評価しています

ただ、最近レンデックスは東急リバブルの名前を出さず、担保を評価しているのは「第三者機関」だと説明しています。現在は東急リバブルとレンデックスの関係は不明瞭な状況です。

良い評判⑤:2万円から投資できる

レンデックスでは最低投資額が2~5万円に設定されており、2万円から投資できることが多いです。

少額でも投資できるため、投資資金が少ない方でも、気軽に投資を始めることができます。

良い評判⑥:ほったらかし投資ができる

レンデックスでは投資する案件を選んで投資すれば、あとは運用期間が終わってお金が帰ってくるまで何もする必要がありません。

ほったらかし投資ができるため、時間がない忙しい方でも手軽に投資を始めることができます。

良い評判⑦:出金手数料が0円

レンデックスは出金手数料が0円です。

お金を引き出す時に手数料がかからないため、得た利益が減らずに済みます。

良い評判⑧:毎月分配

レンデックスでは毎月分配が行われます。分配とは、得られた利益を投資家に返還することです。

毎月少しずつお金が返ってくるので、投資の成果を毎月実感できます。

良い評判⑨:運用期間が短い案件が多い

レンデックスでは運用期間が1年以内の短い案件が多いです。

一般的に、ソーシャルレンディングでは運用期間が長いほどリスクが高まります。レンデックスは利回りが高いため、リスクを少しでも抑えられる要素があると、投資する側としては安心できます。

良い評判⑩:決算を公開している

レンデックスは上場していないため、決算を公開する義務はないのにもかかわらず、決算を公開しています

経営に関する情報の透明度が高いので、「レンデックスが倒産しそうだ」と思ったらすぐに資金を引き上げられるので安心できます。

レンデックスで口座開設してみる

↑目次に戻る

レンデックスの口コミ

レンデックスの口コミをSNSで集めてみました。その結果は以下のとおりです。

編集長 わさ
編集長 わさ
レンデックスには以下のような口コミが多く集まる結果になりました。
 

  • RIZINがレンデックスで資金を募集したのが驚き
  • 人気が高くて投資しにくい
  • 利回りが高い

 
続いては、より多くの口コミから分析した、レンデックスの良い評判と悪い評判について見ていきましょう。

↑目次に戻る

レンデックスの詳細データ【案件115件を分析】


レンデックスの詳細データは以下のとおりです。

レンデックスの詳細情報
運営会社株式会社LENDEX
社長深澤 克己
サービス開始2017年7月
上場情報未上場
決算情報公開(赤字)
監査法人独自監査
出資企業
累計応募総額34.9億円
年間案件数(2019年)62
平均利回り8.90%
貸し倒れなし
最低投資額2~5万円
投資単位不明
入金手数料投資家負担
出金手数料無料
口座開設可能年齢20~75歳
匿名化解除一部解除
担保カバー率約80%
保証カバー率ほぼ100%
案件の種類国内不動産
運用期間6ヶ月未満
6ヶ月~1年
1年以上

※特に表記のない場合、2020年1月現在の情報です

以下の9点について詳しく見ていきましょう。

利回り:7~10%(平均利回り8.90%)

レンデックスの利回りは7~10%(平均利回り8.90%)です。これは業界トップレベルの利回りです。

詳しい利回りの分布は以下のグラフのとおりです。

運用期間:10~12ヶ月が多い

レンデックスの運用期間は10~12ヶ月が多いです。運用期間が1年を超える案件はほとんどありません。

具体的な運用期間の分布は以下のグラフのとおりです。

貸し倒れ・遅延:なし

2020年7月現在、レンデックスで貸し倒れや遅延が起こったことはありません。

案件がある頻度:年間67件(2019年)

レンデックスは2019年、67件の案件が募集されました。

案件の種類:不動産が多い

レンデックスでは不動産に関する案件が多く募集されています。

投資先の国・地域:日本

レンデックスの投資先は日本です。2020年7月現在、海外に投資する案件が募集されたことはありません。

担保・保証:設定されていることが多い

レンデックスでは担保や保証が設定されていることが多いです。

具体的に担保や保証が設定されている割合は以下のとおりです。

担保81%
保証100%

※2020年2月現在

手数料:すべて0円

レンデックスの手数料は、以下のとおり入金手数料以外すべて0円です。口座開設するだけなら、お金はまったくかかりません。

入金手数料投資家負担
出金手数料0円
口座開設手数料0円
口座維持手数料0円
購入手数料0円
運用手数料0円

最低投資額:2~5万円

レンデックスの最低投資額は2万円~5万円で案件によって異なります。具体的な最低投資額の分布は以下のとおりです。

↑目次に戻る

レンデックスは投資に値する?


レンデックスはソーシャルレンディングのサブ投資先として投資に値するのではないでしょうか。

 

レンデックスは高利回りなので、「投資するのが怖い」と感じる方もいると思います。

しかし、レンデックスが高利回りな理由はきちんとあります。それはざっくり言うと「借りる期間が短期間」だからです。

銀行は短期間の融資を嫌いますし、融資先も短期間なら利息もそこまで大きくならないので返済しやすくなっています。

また、レンデックスは「多くの案件が担保付き」「東急リバブルが担保の評価額を査定」など、安全対策もきちんとしています。

 

ただ、レンデックスは最近かなり人気が高まっていて、10秒ほどで完売してしまう状況です。

投資難易度は高いので、忙しい方などには向いてないでしょう。

レンデックスのQ&A


この項では、レンデックスに関するQ&Aを掲載しています。

Q. レンデックスで得た利益は確定申告する必要がある?

ほかの副業収入と合わせて、20万円を超えたらおおむね確定申告する必要があります。

確定申告については以下のページで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングの確定申告|2020年最新版投資には税金がつきものです。 「ソーシャルレンディングで利益を得たけど、確定申告しなくて大丈夫かな?」 「ソーシャルレンディング...

↑目次に戻る

レンデックスのキャンペーン

レンデックスのキャンペーン情報は以下のとおりです。

現在開催中のキャンペーン

2020年7月13日現在、レンデックスで開催中のキャンペーンはありません。

過去のキャンペーン

レンデックスでは過去に以下のようなキャンペーンが行われていました。

2020年4月17日~5月31日:紹介キャンペーン

2020年4月17日~5月31日には紹介キャンペーンが実施されました。

このキャンペーンでは紹介した人と紹介を受けた人にそれぞれAmazonギフト券1,500円分がプレゼントされました。

2020年3月24日~31日:春のキャッシュバックキャンペーン

2020年3月24日~3月31日には春のキャッシュバックキャンペーンが行われました。

このキャンペーンではキャンペーン期間中に投資申請した合計額に応じてAmazonギフト券がプレゼントされました。

投資金額プレゼント
500,000円以上1,000,000円未満Amazonギフト券5,000円
1,000,000円以上5,000,000円未満Amazonギフト券10,000円
5,000,000円以上10,000,000円未満Amazonギフト券50,000円
10,000,000円以上Amazonギフト券100,000円

2019年3月30日~4月12日:春のキャッシュバックキャンペーン第2弾

2019年3月30日~4月12日には春のキャッシュバックキャンペーン第2弾が行われました。

このキャンペーンではキャンペーン期間中に投資申請した合計額に応じてAmazonギフト券がプレゼントされました。

投資金額プレゼント
500,000円以上 1,000,000円未満Amazonギフト券1,000円
1,000,000円以上 5,000,000円未満Amazonギフト券2,000円
5,000,000円以上 10,000,000円未満Amazonギフト券10,000円
10,000,000円以上 50,000,000円未満Amazonギフト券20,000円
50,000,000円以上 100,000,000円未満Amazonギフト券100,000円
100,000,000円以上Amazonギフト券200,000円

2019年3月20日~3月29日:春のキャッシュバックキャンペーン

2019年3月20日~3月29日には春のキャッシュバックキャンペーン第2弾が行われました。

このキャンペーンではキャンペーン期間中に投資申請した合計額に応じてAmazonギフト券がプレゼントされました。

投資金額プレゼント
500,000円以上 1,000,000円未満Amazonギフト券1,000円
1,000,000円以上 5,000,000円未満Amazonギフト券2,000円
5,000,000円以上 10,000,000円未満Amazonギフト券10,000円
10,000,000円以上 50,000,000円未満Amazonギフト券20,000円
50,000,000円以上 100,000,000円未満Amazonギフト券100,000円
100,000,000円以上Amazonギフト券200,000円

↑目次に戻る

レンデックスの最新ニュース


レンデックスの最新ニュースは以下のとおりです。

2020年4月3日:医科・歯科業案件取扱い開始

2020年4月3日、レンデックスは貸金業種の追加が行政から認められ、医科・歯科業への融資ができるようになったことを発表しました。

2020年3月31日:コロナウイルスに伴う影響

2020年3月31日、レンデックスはコロナウイルスの感染拡大に伴って、時差出勤・在宅勤務を行っていると発表しました。

これにより、問い合わせはメールのみになっています。

2020年3月19日:顧問就任

レンデックスは2020年3月19日、玉井克実氏が顧問として就任したことを発表しました。

玉井克実氏は現在の三井住友銀行の代表取締役社長執行役員などをつとめた輝かしい経歴を持つ人物です。

2019年11月8日:匿名化・複数化一部解除

2019年11月8日には匿名化・複数化が一部解除されました。ソーシャルレンディングには「借り手の詳細を開示してはならず、ひとつの案件あたりの借り手は複数にすること」というルールがありました。

しかし、匿名化・複数化は2019年3月に解除されました。レンデックスはこれに一部対応したのです。

2019年8月5日:本社を移転

2019年8月5日にレンデックスは本社を移転させました。レンデックスは本社移転の理由を「事業拡大のため」と説明しています。

移転先住所:東京都渋谷区渋谷2丁目1番11号 郁文堂青山通りビル5階

電話番号:03-6452-6922

2019年7月5日:代表者の変更

2019年7月5日にはレンデックスの代表が以下のように変更されました。

【旧代表者】田川 徳彦 (たがわ のりひこ)

【新代表者】深澤 克己 (ふかさわ かつみ)

レンデックスは田川前社長が退任した理由を「一身上の理由」と説明しています。

2019年3月1日:代表者の変更

2019年3月1日にはレンデックスの代表が以下のように変更されました。

【旧代表者】筧 悦生 (かけい えつお)

【新代表者】田川 徳彦 (たがわ のりひこ)

レンデックスは筧前々社長が退任した理由を「兼職の会計ビジネスが多忙になり兼業が困難な状況になったため」と説明しています。

レンデックスのその他のニュースに関してはコチラのページをご覧ください。

↑目次に戻る

レンデックスのセミナー情報

レンデックスでは、2020年7月13日現在、開催が予定されているセミナーはありません。

過去には以下の日時でセミナーが開催されています。

日時タイトル
2019年12月6日【第3回】ソーシャルレンディング初心者向けセミナー
2019年11月14日【第2回】ソーシャルレンディング初心者向けセミナー
2019年9月20日ソーシャルレンディング初心者向けセミナー

↑目次に戻る

レンデックスの始め方3ステップ

レンデックスは以下の3つのステップで簡単に始めることができます。

それぞれ見ていきましょう。

ステップ①:口座開設

口座開設は以下の手順で行います。

それぞれ解説します。

手順①:登録フォームに入力し、書類に同意する

まずはコチラのリンクからレンデックスの公式ページに飛びます。すると、以下のような場面が出てくるので、オレンジの枠で囲った「口座開設」ボタンを押します。

すると、書類に同意するページに飛びます。すべてチェックしたら、画面下部の「上記規約に同意の上、投資家申請を行う」ボタンを押します。

次のページでは投資経験と資産に関する情報を入力します。入力が終わったら画面下部にある「次へ」ボタンを押します。

次のページではユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。入力が終わったら「次へ」ボタンを押しましょう。

確認画面が表示されるので、問題なければ「確認メールを送信する」ボタンを押します。

登録したメールアドレスにメールが送信されるので、【メール確認用アドレス】をクリックしましょう。

これでメールアドレスの確認が出来ました。「基本情報の登録」ボタンを押します。

次のページでは基本情報の入力を行います。すべて入力できたら「次へ」ボタンを押しましょう。

次のページでは勤務先情報の入力を行います。すべて入力できたら「次へ」ボタンを押しましょう。

次のページでは口座情報の入力を行います。すべて入力できたら「次へ」ボタンを押します。

確認画面が表示されるので、問題なければ「投資家申請」ボタンを押してください。

次の画面では「マイページへログイン」ボタンを押します。

これで手順①は終わりです。次の手順に移りましょう。

手順②:本人確認書類・マイナンバーを提出する

マイページへログイン」ボタンを押すと、以下のような画面が現れます。

確認書類を送付」ボタンを押します。すると、本人確認書類を提出するページに変わります。提出する本人確認書類を選択しましょう。

本人確認書類には以下のようなものが使えます。

  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書

提出する本人確認書類を選んだら、「本人確認画像の送付」ボタンを押します。

本人確認書類の画像をアップロードしたら「送信」ボタンを押しましょう。

※画像はパスポートを選んだ場合です

続いては個人番号確認書類の提出です。「他の書類を送信する」ボタンをクリックします。

次の画面では「マイナンバー確認画像の送付」ボタンを押します。

次の画面では以下の3つのうちどれかひとつのマイナンバー確認書類を提出します。

  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • 個人番号入りの住民票の写し

ファイルのアップロードが完了したら「送信」ボタンを押します。

次の画面では「他の書類を送信する」ボタンを押します。

ここでは銀行口座を確認するための書類が必要です。「口座確認画像の送付」ボタンを押しましょう。

次の画面では以下の書類のうちひとつを提出します。

  • 通帳(表紙・表紙裏面の2枚)
  • キャッシュカード
  • ネットバンキングの銀行口座がわかる画面

ファイルのアップロードが完了したら「送信」ボタンを押しましょう。

以下のような画面が表示されたら手順②は完了です。

手順③:登録した住所にウェルカムレターが届く

口座開設に必要な情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーを提出したら、レンデックスで口座開設の審査が行われます。

無事審査が終わったら登録した住所にウェルカムレターが届きます。これで口座開設は完了です。

ステップ②:口座に入金

口座に入金する時には、まずはトップページからオレンジの枠で囲った「ログイン」ボタンを押します。

するとログイン画面が現れるので、ユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押します。

するとマイページにログインできます。画面の左側に表示される「投資資金振込先」に金融機関から振込を行いましょう。

これで入金できます。

ステップ③:案件に投資

案件に投資したいときには、まずはログインしてマイページに移動します。画面左上の「LENDEX」ボタンを押します。

画面をスクロールしていくと、最新のファンドが見られます。この中から案件を選んで投資を行いましょう。

↑目次に戻る

まとめ:レンデックスは高利回りで担保付きのソーシャルレンディング事業者

この記事では、高利回りで担保が付いている、レンデックスについて解説してきました。

レンデックスは以下のような特徴を持つソーシャルレンディング事業者です。

  • 信頼性
    ・大部分(8割程度)の案件が担保付き
    ・担保は不動産事業を手がける東急リバブルが査定
  • 投資しやすさ
    ・大型案件でも数分で募集が終わるため、投資しにくい
    ・最低投資額は2~5万円
  • 利回り
    ・6~12%程度(平均8.90%)でかなり高い利回り

口座開設だけなら無料なので、ぜひ一度レンデックスの公式ページを覗いてみてください。

レンデックスで口座開設してみる

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る