ソーシャルレンディング事業者解析

【FPが解説】Rimpleの解析|評判・口コミ・特徴など

Rimple解析アイキャッチ
編集長 わさ
編集長 わさ
こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

Rimpleはポイントで投資できる不動産クラウドファンディングサービスですが、以下のように感じている方が多いのではないでしょうか。

「Rimpleってどんな事業者なの?」
「Rimpleって信頼できる事業者なの?」

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • Rimpleとは?
  • Rimpleの悪い評判
  • Rimpleの良い評判
  • Rimpleの口コミ
  • Rimpleは投資に値するか?
  • フRimpleの口座開設方法

ぜひご一読ください。

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

※本記事に記載されている情報は、特に断りがない限り、2020年1月現在のものです。

Rimpleとは?

Rimpleは不動産クラウドファンディングと呼ばれるサービスのひとつです。

不動産クラウドファンディングとは、個人が少ない資金で不動産投資に参加できるサービスです。

具体的には、以下の図のように、複数人の投資家から集めたお金をRimpleがまとめて不動産を運用します。そして、得られた利益と元本が投資家に分配されます。

投資家は不動産クラウドファンディング事業者のホームページから投資したい案件を選び、投資します。投資が終わったら、お金が戻ってくるまで何もする必要はありません。

Rimpleはそんな不動産クラウドファンディングサービスのひとつです。以下のような特徴があります。

  • 信頼性
    ・東証一部上場の不動産会社プロパティエージェントが運営
    ・運用不動産の価格が30%以上下落しなければ損しないので安全性が高い
  • 投資しやすさ
    ・案件数は少ない
    ・1万円から投資できる
    ・いつでも投資したお金を引き出せる
  • 利回り
    ・5~10%で高め

↑目次に戻る

Rimpleの悪い評判3選


Rimpleは優れたサービスですが、悪い評判もあります。

Rimpleの悪い評判は以下の3つです。

それぞれ見ていきましょう。

悪い評判①:損失の可能性が0ではない

Rimpleも投資のひとつなので、損失の可能性は0ではありません。具体的には、以下のような場合に投資家が損失を被る可能性があります。

  • 運用不動産の価格が30%以上下落した時
  • Rimpleの運営会社が倒産した時

ただ、不動産の価格は安定度が高く、30%以上下落することはめったにありません。また、Rimpleを運営するのは東証一部上場のプロパティエージェントです。経営基盤がしっかりしているので、少なくともすぐに倒産するとは考えにくいです。

悪い評判②:実績が少ない

Rimpleは2020年2月に運営を開始したサービスであり、まだ実績が少ないです。

具体的には、まだ募集された案件は2件のみです。ただ、Rimpleは東証一部上場の不動産会社が運営しているので、実績が少なくても信頼度は悪くないでしょう。今後、実績を増やしていけば、より信頼されるサービスになると考えられます。

悪い評判③:基本的に途中解約ができない

ほかの不動産クラウドファンディングサービスと同じように、Rimpleでは基本的に途中解約ができません。たとえば、以下の案件に30万円を投資したとします。

すると、運用期間の6ヶ月間は30万円を引き出せないのです。Rimpleに投資するのはすぐに使う予定のないお金にしましょう。

ただ、Rimpleでは以下のような場合には途中解約ができるとしています。

やむを得ない事由がある場合のみ、当社に書面によって通知することにより解約が可能となっています。解約ご希望の方はこちらより申請ください。
※やむを得ない事由とは、事業者の信用低下が明らかになった場合などを指します。

[出典:https://www.tcs-asp.net/alink?AC=C101380&LC=PPA1&SQ=0&isq=100faq]

↑目次に戻る

Rimpleの良い評判9選


Rimpleの良い評判は以下の9個です。特に重要なものは太字で表示しています。

それぞれ見ていきましょう。

良い評判①:ポイントで投資ができる

Rimpleの最大の特長はポイントで投資できるところです。

Rimpleでは、他社のポイントを1ポイント1円の「リアルエステートコイン」と交換して投資ができるのです。現在、Rimpleではセゾンの「永久不滅ポイント」を「リアルエステートコイン」と交換できます。

たとえば、5,000ポイントの「リアルエステートコイン」を保有していて、Rimpleの案件に投資する場合、5,000円と5,000ポイントを使って投資ができます。

ただ、「リアルエステートコイン」は投資に使うことしかできず、そのまま現金として引き出すことはできないので注意が必要です。

良い評判②:東証一部上場の不動産会社が運営

Rimpleを運営しているのは東証一部上場のプロパティエージェントです。

プロパティエージェントは以下のような事業を行っている会社です。

  • 資産運用型不動産販売
  • 賃貸管理
  • 仕入開発
  • ダイバーシティマンション事業

主に、投資家向けに不動産を販売しているのがプロパティエージェントなのです。そんなRimpleが不動産クラウドファンディングを始めたのは、現物不動産投資の見込み客を集めるためでしょう。

そのためには不動産への投資が魅力的だと感じてもらわなければならないため、Rimpleが信頼を落とすようなことをするとは考えにくいです。

以上のことから、Rimpleの案件は信頼できると言えるでしょう。

良い評判③:30%までの損失はRimpleが負担

Rimpleでは優先劣後という方式を採用しており、30%までの損失はRimpleが負担するようになっています。

優先劣後とは、以下のような方式です。

投資家とRimpleが同じ不動産に投資します。そして、もし不動産の価値が下がった場合には、まずはじめにRimpleが損失を負担するのです。

この仕組みでは不動産の価格が30%以上下落しない限り投資家に損失が出ることはありません。不動産の価格が30%も下落することはほとんどないため、Rimpleはかなり安全性の高い投資方法と言えます。

ちなみに、リーマンショックの時でさえ、不動産の価格は15%しか下落しませんでした。

良い評判④:1万円から投資できる

Rimpleでは1万円から投資できます

一般的に、不動産投資には多額のお金がかかりますが、Rimpleでは少額から手軽に不動産投資ができるのです。

良い評判⑤:ほったらかしで投資できる

Rimpleではほったらかしで投資ができます

案件を選んで投資してしまえば、後は運用期間が終わってお金が返ってくるまで何もする必要がありません。投資にかける手間が少なくて済むので、時間がない方でも手軽に投資が始められます。

良い評判⑥:利回りが高め

Rimpleは不動産クラウドファンディングとしては利回りが高めになっています。2020年5月現在、募集されている案件は2件ですが、それぞれ5%と10%の案件でした。

特に不動産クラウドファンディングで10%は破格の利回りです。

良い評判⑧:物件の情報が詳しく開示されている

Rimpleでは投資先の物件の情報が詳しく開示されています

住所などが公開されているので、実際に投資先の不動産を見に行くこともできます。情報が詳しく開示されていると、投資家が自分で選んで投資できるため安心です。

良い評判⑨:抽選式なので誰でもチャンスがある

Rimpleでは募集額を超える応募が集まってしまった場合、抽選が行われます

一方、不動産クラウドファンディングは先着式の場合が多いです。先着式では、募集額を超える応募が集まった場合、そこで募集を打ち切ってしまいます。そのため、募集が数十秒で終わってしまうことも珍しくありません。

Rimpleは抽選式のため、募集期間中ならいつでも投資を申し込めます。そのため、あまり時間がない人にも平等にチャンスが有るのです。

良い評判⑩:投資した後入金できる

Rimpleでは投資した後に入金ができます

投資できることが確定した後に入金ができるため、入金の時にかかる手数料が無駄になってしまうことがありません。
Rimpleで口座開設してみる

↑目次に戻る

Rimpleの手数料


Rimpleの手数料は、以下のとおり入出金手数料以外すべて0円です。口座開設するだけなら、お金はまったくかかりません。

入金手数料投資家負担
出金手数料投資家負担
口座開設手数料0円
口座維持手数料0円
購入手数料0円
運用手数料0円

↑目次に戻る

Rimpleは投資に値する?

Rimpleの運営は東証一部上場の不動産会社であり、利回りも高めなので、十分投資に値すると考えられます。

Rimpleは投資家からも人気があり、サービス開始から約1ヶ月で累計投資家登録数が1万人を突破しましたし、初めての案件では抽選倍率が16倍を超えました。

現在のところ、懸念点があるとすれば、「まだ不動産クラウドファンディングサービスとしての実績が少ない」という点くらいでしょう。

RimpleのQ&A

この項では、Rimpleに関するQ&Aを掲載しています。

Q. Rimpleで得た利益は確定申告する必要がある?

ほかの副業収入と合わせて、20万円を超えたらおおむね確定申告する必要があります。

確定申告については以下のページで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングの確定申告|2020年最新版投資には税金がつきものです。 「ソーシャルレンディングで利益を得たけど、確定申告しなくて大丈夫かな?」 「ソーシャルレンディング...

Q. クーリングオフはできる?

Rimpleでは、投資してから8日以内に書面で通知すれば、クーリングオフが可能です。

クーリングオフを申請する時の書類はコチラからダウンロードできます。

Q. 法人口座は開設できる?

Rimpleでは法人口座は開設できません。開設できるのは個人口座のみです。

↑目次に戻る

Rimpleのキャンペーン


Rimpleでは2020年5月現在、キャンペーンは行われていません。

↑目次に戻る

Rimpleの最新ニュース

Rimpleの最新ニュースは以下のとおりです。

2020年2月5日:サービス開始

Rimpleは2020年2月5日にサービスを開始しました。

2020年3月3日:累計登録ユーザー1万人突破

Rimpleではサービス開始から約1ヶ月で累計登録ユーザーが1万人を突破しました。

Rimpleのその他のニュースに関してはコチラのページをご覧ください。

↑目次に戻る

Rimpleのセミナー情報

2020年5月現在、Rimpleでセミナーが開催されたことはありません。

↑目次に戻る

Rimpleの始め方2手順

Rimpleの口座開設は以下の手順で行います。

それぞれ解説します。

手順①:会員登録をする

まずはコチラのリンクからRimpleの公式ページに飛びます。すると、以下のような場面が出てくるので、赤枠で囲った「会員登録」ボタンを押します。

次のページではメールアドレスを入力し、「確認画面へ」をクリックします。

確認画面が現れるので「登録して次へ」をクリックします。

本人確認書類の案内が現れるので、確認して✕マークをクリックします。

次のページでは登録に必要な情報を入力し、本人確認書類を提出します。

本人確認書類として使える書類は以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 健康保険証
  • 在留カードまたは外国人登録証明書

また、補完書類は以下のとおりです。

  • 社会保険の領収書
  • 国税または地方税の納税通知書
  • 公共料金の領収書
    • 固定電話
    • 電力会社
    • 水道
    • ガス
    • NHK

Rimpleでは本人確認書類を2点、もしくは本人確認書類1点と補完書類1点を提出する必要があります。

すべて入力・提出したら「次へ(確認)」をクリックします。

すると確認画面が現れるので、「登録」をクリックします。

次に、メールを確認します。URLをクリックしましょう、

これで手順①は終わりです。次の手順に移りましょう。

手順②:登録した住所にウェルカムレターが届く

口座開設に必要な情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーを提出したら、Rimpleで口座開設の審査が行われます。

無事審査が終わったら登録した住所にウェルカムレターが届きます。これで口座開設は完了です。

↑目次に戻る

まとめ:Rimpleはポイントで投資できる不動産クラウドファンディングサービス

この記事では、ポイントで投資できる不動産クラウドファンディングサービス、Rimpleについて解説してきました。

Rimpleは以下のような特徴を持つソーシャルレンディング事業者です。

  • 信頼性
    ・東証一部上場の不動産会社プロパティエージェントが運営
    ・運用不動産の価格が30%以上下落しなければ損しないので安全性が高い
  • 投資しやすさ
    ・案件数は少ない
    ・1万円から投資できる
    ・いつでも投資したお金を引き出せる
  • 利回り
    ・5~10%で高め

口座開設だけなら無料なので、ぜひ一度Rimpleの公式ページを覗いてみてください。

Rimpleで口座開設してみる

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る