ソーシャルレンディング事業者解析

【FPが解説】ウィルクラウド(will crowd)の解析|評判・特徴・始め方

編集長 わさ
編集長 わさ
こんにちは、ファイナンシャルプランナー&ソーシャルレンディング投資家のわさ(@SL_houten)です。

ウィルクラウド(Will crowd)は証券会社が運営する新しいソーシャルレンディングサービスですが、以下のように感じている方が多いのではないでしょうか。

「ウィルクラウドってどんな事業者なの?」
「ウィルクラウドって信頼できる事業者なの?」

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • ウィルクラウドとは?
  • ウィルクラウドの悪い評判
  • ウィルクラウドの良い評判
  • ウィルクラウドは投資に値するか?
  • ウィルクラウドの口座開設方法

ぜひご一読ください。

SL投資法典はソーシャルレンディング投資家&ファイナンシャル・プランナーのわさが運営するソーシャルレンディング総合サイトです。

初心者にソーシャルレンディング投資で後悔してほしくない」という思いから、わかりやすく正確な情報発信を心がけています。

SL投資法典の誓いを見る

※本記事に記載されている情報は、特に断りがない限り、2020年1月現在のものです。

ウィルクラウドとは?


ウィルクラウドはソーシャルレンディングと呼ばれるサービスのひとつです。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業と利息収入を得たい投資家をマッチングするサービスです。

具体的には、以下の図のように、複数人の投資家から集めたお金をウィルクラウドがまとめて企業に貸します。そして、返済されたお金と利息が投資家に支払われます。

投資家はソーシャルレンディング事業者のホームページから投資したい案件を選び、投資します。投資が終わったら、お金が戻ってくるまで何もする必要はありません。

ソーシャルレンディングについては以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングとは?|魅力・リスクなど現在、初心者でも手軽に投資でき、安定的に利益が得られるソーシャルレンディングが注目されています。そこで、この記事ではソーシャルレンディングの概要についてまとめてみました。 この記事を読めば、ソーシャルレンディングの基礎知識を一通り知ることができます。...

ウィルクラウドはそんなソーシャルレンディング事業者の中でも、証券会社が運営する新しいソーシャルレンディング事業者です。

ソーシャルレンディングサービスを展開しているサービスは多くありますが、証券会社が運営しているサービスはかなり希少です。

証券会社はふつうのソーシャルレンディングサービスと比べて厳しい基準が求められるので安心できます。

ウィルクラウドは2020年7月現在、まだ案件を募集したことがないのでまだ実力は未知数ですが、今後注目のソーシャルレンディングサービスと言えます。

↑目次に戻る

ウィルクラウドの悪い評判4選


ウィルクラウドは優れたサービスですが、悪い評判もあります。

ウィルクラウドの悪い評判は以下の4つです。

それぞれ見ていきましょう。

悪い評判①:損失の可能性が0ではない

ウィルクラウドに限らず、ソーシャルレンディングでは損失の可能性が0ではありません。

具体的には、以下のような場合に損失が発生してしまいます。

  • ウィルクラウドを運営するロックハラード証券が倒産した場合
  • 案件の融資先がお金を返せなくなった場合

ただ、ロックハラード証券は黒字経営をしており、すぐに倒産するとは考えにくいです。

ウィルクラウドで損失が発生するとしたら、融資先がお金を返せなくなった場合でしょう。

悪い評判②:途中解約ができない

ウィルクラウドに限らず、ソーシャルレンディングでは途中解約ができません。

たとえば、運用期間が3ヶ月の案件に30万円を投資したとします。

すると運用期間が終わるまでの3ヶ月の間は投資したお金を引き出せないのです。

ウィルクラウドに投資するお金はすぐに使う予定のないものしましょう。

悪い評判③:最低投資額が高め

ウィルクラウドは最低投資額が原則10万円で高めになっています。

ソーシャルレンディングサービスはふつう最低投資額が1万円からになっているので、10万円は高めですね。

投資のハードルはやや高いと言えるでしょう。

また、10万円だと複利効果を活かしにくいのも困りものです。

悪い評判④:まだ案件が募集されていない

ウィルクラウドでは2020年7月現在、まだ案件が募集されていません。

ウィルクラウドがどのようなサービスなのかは案件が募集されてからでないと判断が難しいですね。

今後どのような案件が出てくるのか注目していきたいところです。

↑目次に戻る

ウィルクラウドの良い評判6選


ウィルクラウドの良い評判は以下の6個です。特に重要な評判は太字で表示しています。

それぞれ見ていきましょう。

良い評判①:証券会社が運営

ウィルクラウドの最大の特徴は証券会社が運営しているところです。

証券会社はふつうのソーシャルレンディング事業者と比べて厳しい基準が求められるため、信頼に値します。

具体的には、高い自己資本比率やコンプライアンス体制の確保などが求められます。

証券会社が運営するソーシャルレンディングサービスはウィルクラウド以外にはクラウドバンクとSAMURAI FUNDくらいしかありません。

良い評判②:ほったらかし投資ができる

ウィルクラウドではほったらし投資ができます。

ウィルクラウドでは一度投資する案件を決めて投資すれば、後は運用期間が終わってお金が返ってくるまで何もする必要がないからです。

株価のように毎日値動きを確認する必要もありません。

そのため、忙しくて投資に時間がとれない人におすすめの投資方法と言えます。

良い評判③:利回りが高め

ウィルクラウドでは募集される予定の利回りが3~8%で、高い利回りの案件も募集されるようです。

実際にどのような利回りの案件が募集されるのかは、今後明らかになるでしょう。

良い評判④:出金手数料が月1回まで無料

ウィルクラウドでは出金手数料が月1回まで無料になります。

ソーシャルレンディングサービスは出金手数料が数百円かかることが多いので、無料なのはうれしいですね。

月1回だけですが、ソーシャルレンディングで月2回以上出金することは極めてまれなので、事実上出金手数料が0円だと考えて問題ないでしょう。

良い評判⑤:毎月分配される

ウィルクラウドでは利益が毎月分配されるようです。

ソーシャルレンディングでは利益が最後に一括で返ってくることも多いです。

毎月儲けている実感を得られるのはうれしいですね。

良い評判⑥:運用期間が短い

ウィルクラウドでは運用期間が短い案件を中心に募集が行われるようです。

運用期間が短いとすぐにお金が返ってくるので安心です。

ウィルクラウドで口座開設してみる

↑目次に戻る

ウィルクラウドの手数料


ウィルクラウドの手数料は、以下のとおり入金手数料以外すべて0円です。口座開設するだけなら、お金はまったくかかりません。

入金手数料投資家負担
出金手数料0円(月1回まで)
口座開設手数料0円
口座維持手数料0円
購入手数料0円
運用手数料0円

↑目次に戻る

ウィルクラウドは投資に値する?


ウィルクラウドは現時点では投資に値しないと考えられます。

詳しくは案件が出てこないとわかりませんが、「ウィルクラウドで投資しなければならない」理由がないからです。

ウィルクラウドの最大の売りは証券会社であることですが、証券会社が運営しているソーシャルレンディングサービスはほかにクラウドバンクとSAMURAI FUNDの2つあります。

ウィルクラウドにはほかに差別化できる要素がありません。

 

現時点ではウィルクラウドはクラウドバンクSAMURAI FUNDの下位互換に過ぎないでしょう。

ウィルクラウドのQ&A


この項では、ウィルクラウドに関するQ&Aを掲載しています。

Q. ウィルクラウドで得た利益は確定申告する必要がある?

ほかの副業収入と合わせて、20万円を超えたらおおむね確定申告する必要があります。

確定申告については以下のページで詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【FPが解説】ソーシャルレンディングの確定申告|2020年最新版投資には税金がつきものです。 「ソーシャルレンディングで利益を得たけど、確定申告しなくて大丈夫かな?」 「ソーシャルレンディング...

↑目次に戻る

ウィルクラウドのキャンペーン


ウィルクラウドのキャンペーン情報は以下のとおりです。

現在開催中のキャンペーン

2020年7月16日現在、ウィルクラウドで開催中のキャンペーンはありません。

過去のキャンペーン

ウィルクラウドでは2019年10月28日~11月11日に先行会員登録キャンペーンが行われました。

このキャンペーンではキャンペーン期間中に口座開設を行うと現金2,000円がプレゼントされました。

↑目次に戻る

ウィルクラウドの最新ニュース


ウィルクラウドの最新ニュースは以下のとおりです。

2020年3月13日:新規案件の募集開始の延期

ウィルクラウドでは準備の都合により、2020年3月に募集が開始される予定だった案件の募集が延期されました。

2019年11月12日:サイト公開

ウィルクラウドは2019年11月12日にサイトを公開しました。

これで、ウィルクラウドでの会員登録ができるようになりました。

ウィルクラウドのその他のニュースに関してはコチラのページをご覧ください。

↑目次に戻る

ウィルクラウドのセミナー情報


ウィルクラウドでは、2020年7月16日現在、開催が予定されているセミナーはありません。

過去にセミナーが開催されたこともありません。

↑目次に戻る

ウィルクラウドの始め方3手順

ウィルクラウドは以下の3手順で簡単に口座開設できます。

それぞれ解説します。

手順①:登録フォームに入力し、書類に同意する

まずはコチラのリンクからウィルクラウドの公式ページに飛びます。すると、以下のような場面が出てくるので、青枠で囲った「新規会員登録」ボタンを押します。

次は個人と法人のどちらで口座開設するか選択します。今回は「個人で会員登録する」例で説明します。

次のページでは仮会員登録に必要な情報を入力します。すべて入力したら「入力内容を確認する」をクリックします。

すると、確認画面が現れるので、入力内容に問題がなかったら画面下部の「この内容で登録申請する」ボタンを押します。

登録したメールアドレスにメールが送信されるので、メールが届いているか確認しましょう。

そして、認証手続きを行うためにリンクをクリックします。

これでメールアドレスの認証が行われました。画面下部にある「本会員情報の入力」をクリックしましょう。

次のページでは詳細な会員登録に必要な情報の入力を行いましょう。すべて入力したら「入力内容を確認」をクリックしましょう。

すると確認画面が現れるので、内容に問題がなければ「この内容で申し込む」をクリックします。

これで手順①は終わりです。次の手順に移りましょう。

手順②:本人確認書類・マイナンバーを提出する

この内容で申し込む」ボタンを押すと、以下のような画面が現れます。

書類のご提出」をクリックしましょう。

次のページでは本人確認書類の提出を行います。ウィルクラウドでは以下の書類の中から2点を提出します。

  • 運転免許証
    (裏表両面)
  • パスポート
    (顔写真があるページと所持人記入欄のあるページ)
  • 印鑑登録証明書
    (発行後6ヶ月以内のもの)
  • 各種健康保険証
    (現住所の記載があるもの)
  • 住民票の写し
    (発行後6ヶ月以内のもの、かつマイナンバーが記載されていないもの)
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
    (表面のみ)

もしくは、上の書類の中から1点と下の書類の中から1点の計2点を提出します。

  • 公共料金の領収証書
  • 国税または地方税の領収証書または納税証明書
  • 社会保険料の領収証書

ファイルを選択したら、随時「アップロード」をクリックしましょう。

すべての書類を提出したら「マイナンバーをご提供」をクリックします。

次のページでは内容を確認し、「確認して次へ」をクリックします。

次のページではマイナンバー書類を提出します。

ファイルをアップロードしたら必ず「添付」をクリックするようにしましょう。

その後、「確認画面へ」をクリックします。

すると確認画面が表示されるので「登録申請」をクリックしましょう。

これでマイナンバーの登録が完了しました。ウィンドウを閉じて、本人確認書類提出ページに戻りましょう。

そして、「登録」をクリックします。

これで本人確認書類の提出ができました。手順②はこれで終了です。

手順③:登録した住所にウェルカムレターが届く

口座開設に必要な情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーを提出したら、ウィルクラウドで口座開設の審査が行われます。

無事審査が終わったら登録した住所にウェルカムレターが届きます。これで口座開設は完了です。

↑目次に戻る

まとめ:ウィルクラウドは証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス

この記事では、証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス、ウィルクラウドについて解説してきました。

口座開設だけなら無料なので、一度ウィルクラウドの公式ページを覗いてみてください。

ウィルクラウドで口座開設してみる

ソーシャルレンディングおすすめ事業者ランキング

ソーシャルレンディング比較ランキング
24の数値化可能な指標を用いてソーシャルレンディング38事業者のランキングを作成しました。

 
おすすめ事業者ランキングの詳細を見る